[ボクシング]
杉浦大介「カーン、ブローナー、あるいはブルック?」

~メイウェザー、9月の対戦相手を占う~
メイウェザーの次戦もMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれることが濃厚だ。

 全世界を惹きつけた5月2日のフロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオは興行的な意味では大成功に終わった。
 ペイパービューの購買数はなんと約440万件以上に達し、イベント全体の総収益は5億ドル超。結果として、メイウェザーは2億ドル以上のファイトマネーを受け取ることになった。試合自体が山場に欠けたのは残念ではあったが、それでも現代の“世紀の一戦”は今後も永く語り継がれていくに違いない。

 その試合の直後、メイウェザーは次戦を9月12日に行なうことを早々と宣言していた。一部ではしばらく休養することを予想する声もあったものの、今のところはShowtime/CBSとの6戦契約の最後の1戦をプラン通りに挙行する方向の模様である。

 メイウェザー本人が“現役最後のファイト”と宣言するこの試合(結局は次戦後も現役続行を予想する見方が圧倒的だが)。向こう1カ月の間には発表されるであろう、その相手が誰になるか予想を巡らせてみたい。

“本命”も、永遠の片想いか

アミア・カーン(イギリス/元WBA、IBF世界スーパーライト級統一王者/31勝(19KO)3敗)

 約1年前同様、現時点で“本命”と目されているのは英国の雄、カーンである。
 メイウェザー戦を熱望しながら、過去2年はマルコス・マイダナ、パッキャオに先を越されてなかなか実現できていない。しかし、この1年の間にデボン・アレクサンダー、クリス・アルジェリを連破して実績を積み重ねた。

 スピーディで魅力的なスタイルと甘いマスクを併せ持ち、アメリカでの知名度も高まっているのは好材料。敬虔なイスラム教徒だが、ラマダーン後の9月の対戦も問題ないと明言している。イギリスのテレビ局のプッシュのおかげで、米英スター対決は国際色豊かなイベントになるはずだ。

メイウェザーに対するカーンの”片想い”は報われるのか。

「アミア・カーンがフロイド・メイウェザーと戦いたがっていることは誰もが知っているはずだ。メイウェザーこそがチャンピオン。実現させようじゃないか」

 5月29日に行なわれたアルジェリ戦後、カーン本人はリング上でそう語ってアピールしていた。このアルジェリ戦でやや苦戦したことも、リスク回避に熱心なメイウェザーにむしろ“好印象”を与えているかもしれない。

 カーンの打たれ脆さは有名で、実際に戦えばメイウェザーの久々のKO勝利も十分にあり得る。パッキャオ、サウル・“カネロ”アルバレス以外では最も多くのカネを生み出すオプションのひとつだけに、カーンが切望するメイウェザーへの挑戦権をついに手に入れる可能性は低くない。

 ただ……2014年も今と同じように絶えず有力候補として名前が挙がりながら、カーンは結局は“落選”している。押し出されるように再び第1候補になっているが、自身への熱烈な片想いを隠さないこのスピードスターを、メイウェザーはいつでも利用できる“プランB”として考えてきた印象もある。今回はどんな結果が出るか、最後まで予断を許さない。