[トライアスロン]
白戸太朗「マッチのトライアスロン」

 マッチこと近藤真彦さんが50歳にして「ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権」(スウェーデン・6月27日開幕)の日本代表に選ばれたというニュースが報じられた。この発表については一部のトライアスロン関係者には1週間ほど前から情報が入っていた。しかし、予想を上回る反響に驚くやら、感心させられるやら……。

 ちなみに近藤さんがトライアスロンをやっていることは、トライアスロン業界内では周知の事実だった。6年ほど前からトライアスロンを始めた彼は、国内外の大会に一般参加者として頻繁に参加していたからである。普通にエントリーして出場する。スターである近藤真彦らしくない、むしろ一般人のような振る舞いに、最初は戸惑ったが、「彼がそれを望むなら」と特別扱いされることもなかった。だからそこまで騒がれなかったものの、彼がトライアスロンをやっていることは認識されていたわけで、今さら驚くことではないとの思いがあった。

 ところが、実際に公に発表されると、そのことを知らない人は多かった。その反響の大きさも予想以上。テレビのワイドショーではすべて報道されたし、スポーツ紙も大きく取り扱っていた。あらためて近藤さんの存在の大きさを感じさせる出来事だった。

 今回、僕が一番気になったのは、どうしてここでジャニーズが発表することにしたのかだ。これまでは彼の意向もあり、トライアスロンでの取材は基本NGで、あくまで参加者の1人というスタンスを守ってきた。個人的には、これは近藤さん自身がトライアスロンを本当に大切にしているんだなと理解してきた。実際に会場で会う彼は少年のような顔をして、そこには芸能人っぽさは見られなかった。しかし、ここへきての発表。どんな意図があったのだろうか……。