われわれは「18歳選挙権」実現で何を変えようとしたのか
2015年6月17日に参議院本会議を傍聴したRightsメンバーなど関係者と法案提出者である船田元議員ら与野党議員が懇談しました

15年かけて訴えてきた「18歳選挙権」がついに実現

6月17日、「18歳選挙権法案」と呼ばれる改正公職選挙法が成立した。

選挙権年齢が引き下げられるのは、1945年に婦人参政権の導入と同時に25歳から20歳に引き下げられて以来、実に70年ぶりの快挙である。この日は、私が代表理事を務めるNPO法人Rights(ライツ)で、参議院本会議の傍聴を企画し、現役の大学生を含めた若者たちと共に、この歴史的瞬間を共有した。

法案の成立が決まると、場所を衆議院議員会館に移し、当事者世代である若者たちと共に、今回の改正案の提出者である船田元 衆議院議員(自民)、北側一雄 衆議院議員(公明)、武正公一 衆議院議員(民主)、井上英孝 衆議院議員(維新)、玉城デニー 衆議院議員(生活)、野間健 衆議院議員(無所属)に集まっていただいた。

残念ながら公務と重なり写真撮影に間に合わなかった逢沢一郎 衆議院議員(自民)も含め、この国の民主主義にとって非常に大きな一歩を分かち合うと共に、これをキッカケに、さらに被選挙権年齢の引き下げ、政治教育の充実と、若者の政治参画や民主主義の質の向上のために、引き続き活動していくことを確認した。

NPO法人Rightsは2000年5月、まだ大学生だった時に、同世代の友人たちと立ち上げた。同年11月15日、最初に仕掛けたのが国立青少年センターに大学生150名以上を集め、各党から国会議員を招いた国会議員シンポジウムだった。

当時の写真に写るのは、現在文部科学大臣を務める自民党の下村博文 衆議院議員、現在幹事長を務める民主党の枝野幸男 衆議院議員、現在世田谷区長の保坂展人氏らだ。自民・民主・公明・共産・社民・自由の若手中堅議員を前に、選挙権年齢引き下げの必要性について訴え、それぞれの意見を聞きながら議論した。一番右は、当時まだ大学生だった高橋亮平だ。

2000年11月15日に国立青少年センターで150名を集めた国会議員シンポジウム。大学生の高橋亮平副代表コーディネートのもと、下村博文議員、枝野幸男議員ら自民・民主・公明・共産・社民の若手中堅議員が討論しています
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら