[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「藤川球児効果はあるか」

状態は調整段階

 既に報道の通り、地元出身の元メジャーリーガー・藤川球児の入団が決まりました。先日はシート打撃に登板。阪神時代、クローザーで活躍していた頃を相手ベンチから見てきた人間としては、ボールそのものは調整段階ではないでしょうか。高知の選手たちも3日間のオフ明けだったことを考えると、いい当たりをされた本数は少なくなかったように感じます。

 入団といっても1試合ごとのスポット契約ですから、練習やいつ投げるかは本人の意向に沿うかたちになります。現状決まっているのは20日の香川・徳島連合チームとのオープン戦での先発。その次は27日の愛媛戸の試合で「投げたい」と本人は言っています。登板に合わせ、高知には2~3日前に入って練習するスケジュールになる予定です。

 藤川にとっては地元の期待度が高い分、重圧は大きいでしょう。相手は独立リーガー、しかも北米遠征で主力不在ですから、抑えて当たり前。バッタバッタ三振をとる姿をファンは想像しているかもしれません。

 しかし、彼もレンジャーズを自由契約になり、実戦から離れているだけに、どこまで投げられるかはわかりません。お客さんもたくさん来場するでしょうから、ぜひ華々しい凱旋をしてくれればと思っています。

 藤川の入団以降、その効果について、よく質問を受けます。若い選手が彼から何を学んで効果が出るのか。それは本人たち次第です。たとえば「藤川から打てばバッターは自信になるのでは?」と聞かれても、「1、2打席、出合い頭でヒットが出たくらいで手応えをつかめるなら、リーグ戦では5割打てるはず」と僕は答えます。

 僕の場合、現役時代、相手のエース級を打って、「自信になった」と感じたことは1回もありません。たとえ好結果が出ても、プロは次の対戦がすぐにやってきます。今度はどうやったら打てるのか。そのことを考えるだけで精一杯でした。バッティングは、あのイチローでも10打席に6~7回はアウトになります。1本ヒットが出たくらいで、自信がつくほど簡単ではないのです。

 仮に、このリーグで藤川からヒットを打って「自信になった」と言う選手がいても、個人的には「認識が甘い」と感じざるを得ません。なぜなら日頃から、彼らが突き詰めてバッティングに取り組んでいるように見えないからです。