雑誌
電気自動車って実際のところどうなの? 
徹底検証!5年間、乗ってみました

5 年間ありがとう……と、自宅近くの小池公園・小池小学校前でパチリ

EVに5年間乗ってみて……

昨年末、5年間使ったi-MiEVのリース期間が満期になった。気に入っていたが、やむを得ずドナドナした。思えば5年前も、いま燃料電池車(FCV)に寄せられる期待と同じような興奮であった。本誌も表紙にしたが、その号はよく売れたものだ。

5年も前にEVを販売した三菱自動車も偉いもんだと思う。

昨年末までのMiEV(乗用車&バン)の販売台数は国内=1万6878台、海外=9126台。

しかし、この数字は当初の目標を大幅に下回るもので、2010年から販売した日産リーフも昨年末までに国内で5万台売ったものの、販売好調とはいえない。

5年間通勤中心に使ってみてその走りはとても満足のいくものだった。動力性能は必要十分。ハンドリングは低重心ゆえ、ガソリン車より上。剛性感も抜群で、とても軽とは思えない走りだった。そして、5年間ノートラブル。いいクルマだった。

限られた範囲の生活で使うなら、これほど便利で快適でエコなクルマはない……。

ただ、航続距離があまりに短い。10・15モードで160km(MC後は180km)だが、実走行は7割、ヒーターを使うと5割といったところで、購入当初はとても遠出をする勇気はなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら