AI
世界的な関心を集める「第4次産業革命」と、そのカギを握るAI(人工知能)
「インダストリー4.0」のデモを行う独シーメンス社の工場 〔PHOTO〕Siemens-Pressebilder

製造業を「インターネット」と「AI(人工知能)」で自動化する動きが、欧米で勢いを増している。長年の伝統と品質に支えられた「モノづくり」を産業の生命線とする日本では、これに対する関心と警戒感が高まっている。

インダストリー4.0とは何か?

日本と並ぶモノづくり大国ドイツでは今、「インダストリー4.0」と呼ばれる産業改革プロジェクトが産官学の共同で進められている。これは工場の生産設備や物流の現場などをインターネットで結び、AIで自動管理することにより、製造業の生産性や効率性、柔軟性などを飛躍的に高めようとする試みだ。

ドイツ政府はインダストリー4.0を文字通り「第4次産業革命」と位置付けている。第1次産業革命は、18世紀の英国から世界に広がった繊維工場などへの「蒸気機関」の導入、第2次は20世紀に入ってからの米国を中心とする「モーターやベルト・コンベヤーなど電気技術」、第3次は20世紀後半の日本を中心とする「エレクトロニクス(ミクロ世界を解明する量子物理学に基づき、電子を自在に操作する技術)」、そして第4次産業革命は、これから始まる(願わくばドイツを中心とする)「インターネットやAI」の製造業への導入というわけだ。

もともと2011年に政府主導で始まったインダストリー4.0だが、そこには電機・電子メーカーのシーメンスや自動車のフォルクスワーゲンなどドイツを代表する企業、さらには一流大学や研究機関などが数多く参加している。このうちシーメンスは、ドイツ南部の小都市アンベルクに以前からある工場を試験的に改造し、ここで外部からの見学者や報道関係者らに向けて、「インダストリー4.0とは具体的にどういうものであるか」をデモしている。

たとえば製造ラインを流れる半製品が「自分にどんな部品が足りないか」を製造装置に知らせると、装置がその部品を見つけてきて、この半製品に組み込む。あるいは半製品が「自分はこれからどういう工程で、どのような作られ方をしなければならないか」を製造装置に知らせると、装置がその指示通りに最終製品を完成させる。これによって従来のような規格化製品だけではなく、ある種のカスタム・メイド商品も大量生産できるようになるという。

まさに製品や部品と製造装置(AIマシン)とが互いに会話して仕事を成し遂げる「考える工場」の到来だ。ただし、これらは今のところ、基本的にデモを目的としたものであり、ドイツの製造業界全体で本格的にビジネスに組み込まれるのは、早くても2020年ぐらいと見られている。

この種の次世代工場はインターネットで外部の部品メーカーなどともつながる。従来の工場であれば、調達担当者が工場内で足りなくなった部品をメーカーに発注していたわけだが、次世代工場ではAIが足りなくなった部品を即座に察知し、インターネット経由で部品メーカーに発注する。これによって発注にかかる人手や時間が節約できる。その際、部品などを載せて工場まで配送するトラックは当然、自動運転である。このため独ダイムラーは今、自動運転トラックの開発を急いでおり、2025年頃までに実用化したいとしている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら