ブルーバックス
『コミュ障 動物性を失った人類』
正しく理解し能力を引き出す
正高信男=著

メニューページはこちら

現代の病巣にメス!

 最近、学校や会社の中で人と上手に話ができない、他人の話をちゃんと聞けない人が目立つという。相手の目を見て話ができない、思い込むと聞く耳を持たなくなる……。いったいコミュ障の人とはどういう人なのか。

 じつは、コミュ障の人には他の人にはない社会を突き動かす能力が備わっているという。ますます住みにくくなってきた現代社会を生き抜くための方策を思案する。


はじめに――コミュ障の人は誤解されている

 コミュ障の人は、他人の気持ちを理解する能力に欠けているとか、コミュ障の人は社会性に乏しいとよくいわれる。しかしそういう通説は、じつは誤解ですよというのが本書のメッセージの一つである。その上で、どうしてコミュ障の人が生まれるのかを考えるのがねらいである。

 コミュ障とは、言わずと知れたコミュニケーション障害を略した表現にほかならない。ただし省略形といっても、ただ単に文字数を節約しただけではない。むしろ「コミュ障」という単語自体で、独立した意味を指し示す表現でもあると私は考えている。

 というのも、そもそもコミュニケーション障害というような障害が、世の中に存在するかどうかがまだよくわかっていないからである。

 なるほど、知的障害というのなら、はっきりと診断可能である。知能テストによって計測される知能指数(IQ)の値が判断基準となるからだ。一言語障害も同様だ。視覚障害、聴覚障害もしかり。視覚障害、聴覚障害もそれぞれ視覚、聴覚にかかわる感覚系の機能不全と原因がはっきりしている。

 しかしコミュニケーションに障害があるといっても、いったいどのようにしてそれを測ったらいいのか、はなはだ心もとない。そもそもどういうコミュニケーションが適切なもので、どういうものが不適切なのか?

 それにもかかわらず、「あの人はコミュニケーションの能力に若干問題があるのではないか」とか、「自分は他人より意思疎通をはかるのが劣るのではないか」といったふうなことを近年、耳にすることが多いのが現実だ。そういう人をコミュニケーションの技能に何がしかの問題をかかえた人、として総称しよう。そのレッテルが「コミュ障の人」というわけである。

 具体的には、どういう人々を指すのか。

 世の中では、他人と会話すること自体に苦労する人々を指していうことが多いかもしれないが、ここではもっと範囲を広げている。たとえば、自分の主張を一方的にまくしたてるものの、周囲の発言にはまったくといっていいほど聞く耳を持たない。周囲の雰囲気を察することもなく、まったくマイペース(いわゆる空気が読めない輩、ひと昔前にKYといわれた人々) 。他人に対しては、気持ちを察することなく歯に衣きせずに思うことをズケズケいうくせに、少しでも自分に都合の悪いことをいわれると、すぐにキレる人。すごく思い込みが激しく、他人のいうことにまったく関心を示さない人。もうおわかりだろう、みなさんの周りにも一人や二人、思い当たる人は必ずいるはずだ。

 いわゆる「お騒がせ」といわれ、「困ったちゃん」とレッテルを貼られる人々もコミュ障に含まれる。

 含めた上で本当は、そういうコミュ障の人は誤解されているのですよ、ということを示すことが本書の目的の一つである。誤解の果てに、ひきこもってしまう人々すら少なくない。また、「私自身そうだ」という人もおられるかもしれない。事実、自分がコミュ障であることに悩む人が増えている、という話も耳にするようになってきた。では、どう誤解されているのか?

 コミュ障の人は、社会性が劣っている。社会性は人聞が社会を営む上で、不可欠の資質である。その資質が劣るのだから、彼ら彼女らは人間性について、そうでない人より欠ける点があると思っていないだろうか。

 じつは、そうではない、むしろコミュ障の人聞こそが、他の動物より進化した人間として、もっとも人間的な存在であるかもしれないということも、この本には書かれている。

コミュ障を極めるとは

 歴史を振り返ったとき、人類は文明とか技術を発達させ、他の生物にはない卓越した人工的な生活を送れる今日の形にまでした。その推進力の役割を果たしたのはコミュ障の人であったのかもしれないのである。

 それにもかかわらず昨今は、コミュ障の人が世の中のやっかい者のごとく、周囲から白眼視されているのは、たいへん不幸なことといわざるを得ない。さらに場合によってはその状況が、ひきこもる人を生む土壌と化している。とするならば、それは当人にとって不幸なだけでなく、社会全体が不利益を被っていることにもなる。ではどうしてこのような状態に陥ってしまったのかというと、それはコミュ障の人がなまじ中途半端に周囲に「迎合」しようとするからである。そしてIT化によって社会のコミュニケーションの偏重の程度に拍車がかかっているからだと、考えられる。

 本当はコミュ障の人は、周囲に引きずられてはいけないのだ。コミュ障を極めることによってのみ、コミュ障の人にとっての幸福は得られるのかもしれない。しかし、それがはなはだ困難な社会となってきている。

 そこでコミュ障の人とその周囲の人々はどういうふうに生きればいいのか、そのヒントになることを本書の最終部分で記したつもりである。

 最後までお読みいただきたい。

目次
はじめに コミュ障の人は誤解されている
第1章 悪意のない欺き――困ったちゃんとしてのコミュ障
第2章 注目がすべて――マイペースでご都合主義
第3章 木を見て森を見ない――パーツにこだわる世界認識
第4章 コミュ障とひきこもり――動物的適応能力
第5章 コミュ障の人のこれから――日本社会の特異性

著者 正高信男(まさたか・のぶお) 
一九五四年、大阪生まれ。大阪大学人間科学部卒業。同大学院人間科学研究科博士課程修了。学術博士。アメリカ国立衛生研究所(NIH)客員研究員、マックス・プランク精神医学研究所研究員、京都大学霊長類研究所助手、東京大学理学部助手、京都大学霊長類研究所助教授を経て、現在、京都大学霊長類研究所教授。専攻は、心理学。著書に『ことばの誕生』(紀伊國屋書店)、『ケータイを持ったサル』『音楽を愛でるサル』(ともに中公新書)、『他人を許せないサル』『ヒトはなぜヒトをいじめるのか』(ともにブルーバックス)など多数。
『 コミュ障 動物性を失った人類 』
正しく理解し能力を引き出す

正高信男=著

発行年月日: 2015/06/20
ページ数: 176
シリーズ通巻番号: B1923

定価:本体  800円(税別)
     ⇒本を購入する(Amazon)
     ⇒本を購入する(楽天)

 
(前書きおよび著者情報は初版刊行時点のものです)