美術・建築
小川和也×隈研吾【後篇】
建築家・隈研吾と探る
「テクノロジーと建築の未来」

隈氏が設計に携わった、富山市の図書館とガラス美術館が一緒になった「TOYAMAキラリ」。建築を「柔らかく」するための、様々な工夫が凝らされている

デジタルで壁や膜をつくる

小川:(前編より続く)隈さんは、著書を通じて、「今やっと近代建築というものがはじまったのではないかと、僕は感じている。近代建築とは、境界を自由にコントロールできる建築のことであり、境界をコントロールするということは、人と人、人と物、人と自然の関係を繊細にコントロールし、調整することのできる建築である」と仰っていますが、この境界コントロールはテクノロジーによってより行いやすくなりますか。

隈:まず、柔らかい素材、膜素材みたいなもので色々なことができるようになってきているので、境界の考え方も大きく変わりつつあります。うちの事務所にも、カーテンや布とか、膜を専門に扱っているスタッフもいます。

小川:壁と膜の概念は違うわけですから、設計の際に、ここは壁にしようか、それとも膜にした方が良いかな、などという判断もあったりするのですよね。

隈:そうですね。様々なプロジェクトの中で、ここは壁より膜にした方が面白いんじゃないかということになった場合に、膜の専門スタッフのところに相談にいって、こういう素材があって、それだとこんなことができて、というような議論をするんですね。最近、富山に図書館とガラス美術館が一緒になった建物がオープンしたんですが、カーテンにたくさんの造花がセットされているんです。まるで花の壁みたいな感じで。美術館の中は、美術品をくってしまうかもしれない虫を連れ込んでくる生きた花は置けないので、造花のカーテンをつくったんです。そういうもの、建築を柔らかくする手段として使えるんですよね。

小川:そういう観点でいうと、壁や膜に当たるものをテクノロジーで構築することもできそうですよね。その花のカーテンを、デジタルで表現したり。

隈:壁や膜をデジタルでつくるなんて、面白いと思いますね。

小川:隈さんはさらに、「僕は建築物という痕跡を残しながら移動しています」と仰っていて、それは「ITによって痕跡の生産効率も保存技術も格段に高まり、人間と痕跡との関係は、より近しくなったようにも感じられます。また痕跡のトレース、検索もITのおかげでとても簡単になりました。人間の樹木化がITによって進行しているといういい方もできます。しかし痕跡はトレースできても、その樹木がどんな土から栄養を得て、どんな水を吸い上げてきたか。どんな光を浴びて、どんな風に吹かれて育ってきたかは、なかなか検索には載ってきません。痕跡の情報ばかりが肥大化すると、かえって樹木は自分から遠いもののように感じられてしまうのです。」ということなんですよね。

確かに、インターネットの中には様々なコンテンツが溢れるようになりましたが、情報に振り回されてしまったりすることで、それを形成するものや根幹にあるものに目を向けたり、思考を深めたり、想像したりと、痕跡の背景を考える時間が減っているのではないかと思うんですね。テクノロジーが発展して便利になる中で、痕跡の根底にあるものや背景と人間はどのように向かい合っていけば良いと思われますか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら