[サッカー] 
田崎健太「日本を良くするために」

~中村武彦Vol.7~

 中村武彦がメジャーリーグサッカー(MLS)で働いているとき、物足りなさがひとつだけあった。それは、リーグ全体のために仕事をしているため、クラブチームで働いているのと違い、ひとつひとつの勝敗に一喜一憂できないことだ。選手と一体になり、彼らと一緒に勝利も敗戦も噛みしめる――。

バルサ勤務の恍惚と現実

2014年には、日本人で初めてマドリッドにある「ISDE Instituto Superior de Derecho y Economia」の国際スポーツ法グローバルエグゼクティブマスター課程を修了した。

 だからこそ、2009年にスペインのバルセロナFCから声を掛けられたときは、飛び上がらんばかりの気持ちだった。世界で最高のクラブで働けるのだ。中村はMLSの人間と相談して、バルセロナFCのニューヨークオフィスに“転籍”という形で移ることになった。

「ちょうど、バルサがニューヨークのオフィスを立ち上げた時期でした。当時のスタッフは3人。ぼくの担当は北米、アジア、オセアニア。担当テリトリーが半端なく広かったです」
 念願のクラブチームで働くことは中村にとって楽しい経験だった。

 しかし――。
 スペインは複数の王国が結びついたという歴史的背景があり、地元に対する愛着度が強い。スペイン内戦で反政府軍が本拠地を置いたバルセロナは、特に首都マドリッドへの対抗意識が強い。バルセロナFCは、カタルーニャ州の魂ともいえるクラブである。

 バルセロナFCに対するカタルーニャ人の愛情は中村にとってむせ返る程だった。その中で仕事をするうちに、自分はアウトサイダーであることをはっきりと意識した。そして、日本のスポーツのために仕事ができないかという思いが中村の中で頭をもたげてきたのだ。

「カタルーニャの人たちが自分の誇れるクラブで働いている姿が羨ましかったですね。どうしてもぼくには自分のクラブではないという気持ちがありました。スペイン語も話せませんしね」

 バルセロナFCの中国ツアーに同行しているとき、家族の関係で日本へ戻らなければならないことが起きた。しかし、中村が日本に戻ることは許されなかった。

「アメリカほど、ファミリーを大事にするという文化がなかった。このままバルセロナで働いていたら、もし、親の身に何かが起こったとき、日本に帰ることができないかもしれないというのは大袈裟ですけれど、融通は利かないなと」

 また、MLSと比べるとクラブチームではやれることが限られる点も窮屈だった。そこで、中村は1年働いた後、リードオフスポーツマーケティングという会社に転職することにした。

 リードオフスポーツマーケティングは、元々は日本と野球のビジネスをするために立ち上げられた会社だった。中村はその中でサッカー事業を一から立ち上げることになった。