野球
二宮清純「野村克也、丹後と記念館」

 野村克也さんは京都府網野町(現京丹後市)の出身です。日本海に面した丹後地方の小さなまちで、丹後ちりめんの生産地として知られたところです。

 過日、仕事の関係で京丹後市を訪れました。最寄りの峰山駅まで、京都駅から山陰本線の特急はしだて号で約2時間25分。そこから網野まで、車で10~15分ほどかかりました。

 野村さんが網野の出身だということは、以前から知っていました。高校は隣町の峰山高校です。

 野村さんほどの名選手、大監督になれば、出身地にはたいてい記念館があるものです。私が知るだけでも岡山県倉敷市には星野仙一記念館が、石川県能美市には松井秀喜ベースボールミュージアムが、愛知県豊山町にはイチロー展示ルーム「I-fain」があります。出身地以外の記念館としては和歌山県太地町にある落合博満野球記念館が知られています。

 そこで地元の人に「野村記念館」の場所を訊ねたところ、皆さん、一様に首をかしげられるのです。
「そんなもの、あったかなぁ……」

 やっと、何人目かの人から「確か、あそこにあったような気がする」との情報を得ました。足を運んだ先は「アミティ丹後」という土産物屋さん。平日ということもあって店内はガランとしていました。

 主力商品は丹後ちりめん、わかめをはじめとする海産物、地酒などの特産品です。店内には試食コーナーが設けられてあり、地酒をちびりちびりやりながら味わう干したわかめは最高でした。