ドイツ
八方塞がりのEUと武力行使も辞さないロシア、そしてしたたかな周辺国の、シビアなパワーバランス
ますます混迷を極めるヨーロッパ情勢
ラトビア・リガで開催された「東方パートナーシップ」サミット 〔PHOTO〕gettyimages

民主化と自由貿易の確立を目指す「東方パートナーシップ」

5月21日、バルト3国の一つであるラトビアの首都リガで、「東方パートナーシップ」のサミットが開かれた。「東方パートナーシップ」というのは、EUとその東にある国々との関係深化を目的としたパートナーシップだ。

メンバーは、ウクライナ、モルドバ、グルジア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、アルメニアの6ヵ国で、すべて、かつてはソ連邦に属していた。うち、ウクライナ、モルドバ、ベラルーシは、今、ロシアとEUの間にスッポリ挟まっている。

これら6国の特徴は、過去、ソ連かドイツ、あるいはその両方に攻め込まれた苦い経験を持つ国が多いことだ。そして、その後は、ソ連に保護されたとも、弾圧されたともいえる複雑な年月を過ごしてきた。苦労しているだけあって、どの国もなかなかしたたかだ。

「東方パートナーシップ」は、ポーランドの強い働きかけと、スウェーデンの支援により、2008年に正式に始まった。そして翌年、EUの議長国であったチェコのプラハで初めての会合が開かれた。ポーランドやチェコの人々にしてみれば、なるべく多くの隣国が西側に組み込まれなければ、おちおち安心して寝られないという感じらしい。一方、EU側の狙いは、EUの外壁を固めることである。

実際問題として何が当面の目標かというと、これらの国々が民主化に向かうための政治改革のお手伝いと、関税廃止、つまり自由貿易の確立だ。そのはるか前方には、「努力すれば、いずれ、あなた方の国もポーランドのようにEUに加盟できますよ」というぼんやりしたご褒美がぶら下げられたので、EU加盟を望む国々は大いに努力した。
 

【講演会のお知らせ】
今夜、6月12日(金)19時から、東京信濃町の日独協会で「深刻化する難民問題」「ギリシャとドイツは一触即発?」「集中砲火にあっているガブリエル経済・エネルギー大臣」といったテーマを中心に、ドイツとドイツを取り巻く世界情勢についてお話しさせていただきます。よろしかったらお運びください。

詳細・お申込みはこちらから
⇒ 
http://www.jdg.or.jp/event/03seminar/seminar_82/20150612j.html
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら