シンガポールでは早稲田も慶應も二流以下の扱い!
世界基準で日本の大学が劣化する理由

2015年06月12日(金) 田村 耕太郎
Photo by GettyImages

世界ランキング200位以下に沈む早慶

前回に引き続き、今回もシンガポールでは当たり前すぎるが、日本では厳しく聞こえてしまうかもしれない"本当のこと"を書く。

「早稲田や慶應の学生は、シンガポールでは履歴書すら見てもらえないかも」

ストレートにいうと、シンガポールでは世界大学ランキングで200位以内しかまともな大学とみなしていないのだ。これはシンガポールに住む、早慶両校の卒業生である私にはかなり悔しい事実である。

学生が一定期間、ある国で仕事を経験する制度を「ワーキングホリデー」というが、シンガポールの場合、ワーキングホリデーが認められるのは世界ランキングで200位以内の大学を出た人間のみなのだ。

シンガポールでワーキングホリデーができるのは、以下のいずれかの世界大学ランキングで200位以内に入る大学の学部在学生または学部卒業生のみ。

Quacquarelli Symonds World University Rankings
Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking
Times Higher Education World University Rankings

例えば、上記の大学ランキングで頻繁に引用されるTimes Higher Education World University Rankingsでは、早稲田大学は351~400位。慶應義塾大学にいたっては400位以下。200位どころか二つとも圏外である。ともに世界レベルではすでにイタすぎる大学なのだ。最新版のTimes Higher Education Rankingで見れば、シンガポールでワーキングホリデー対象校は東大を筆頭に5校しかないことになる。

世界基準で自分の立ち位置を相対化せよ

一定期間とはいえ、学生に労働を認めるワーキングホリデーの認証を大学ランキングに連動させるやり方はシンガポールらしい。シンガポールで労働するに値する人の学歴を厳しく見ているわけだ。最新のQuacquarelli Symonds World University Rankingsだけが慶應を197位にランクインさせているが、これもギリギリのライン。

つまり早慶はほぼ二流以下なので、シンガポールで学生時代に働く経験をすることはほぼ無理ですよ、ということだ。厳しいかもしれないが、これが今の世界の現実なのだ。




COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」 毎月25日発売

More
Close

田村 耕太郎

(たむら・こうたろう) 前参議院議員。エール大学上席研究員、ハーバード大学研究員などを経て、世界で最も多くのノーベル賞受賞者を輩出したシンクタンク「ランド研究所」で唯一の日本人研究員を務めた。
国立シンガポール大学公共政策大学院名誉顧問、新日本海新聞社取締役東京支社長。
1963年生まれ。早稲田大学卒業、慶応義塾大学大学院修了(MBA取得)。デューク大学ロースクール修了(法学修士)、エール大学大学院修了(経済学修士)、オックスフォード大学上級管理者養成プログラム修了、ハーバード大学ケネディスクール危機管理プログラム修了、スタンフォード大学ビジネススクールEコマースプログラム修了、東京大学EMP修了。
2002年から10年まで参議院議員を務めた間、内閣府大臣政務官(経済財政、金融、再チャレンジ担当)、参議院国土交通委員長などを歴任。
シンガポールの国父リー・クアンユー氏との親交を始め、欧米やインドの政治家、富豪、グローバル企業経営者たちに幅広い人脈を持つ。世界の政治、金融、研究の第一線で戦い続けてきた数少ない日本人の一人。
2014年8月、シンガポールにアジアの地政学リスクを分析するシンクタンク「日本戦略情報機構(JII)」を設立。また、国立シンガポール大学(NUS)リー・クワンユー公共政策大学院の兼任教授に就任し、日本の政府関係者やビジネスリーダーに向けたアジア地政学研修を同校教授陣とともに実施する。
著書に『君に、世界との戦い方を教えよう 「グローバルの覇者をめざす教育」の最前線から』などがある。