[BCリーグ]
新潟・赤堀元之監督「ヤクルト入りデニングが刺激に」

間曽、渡邉は球速アップでNPBへ

 前期優勝までのマジックは2。先発ピッチャーがしっかり試合をつくり、バッターがいいところで打って投打がかみ合っています。監督を引き受けた時から、このくらいはできるチームだと感じていただけに、正直、最初は指揮を執ることにプレッシャーがありました。オープン戦は決してチーム状態が良くありませんでしたが、開幕からきっちり結果を出してくれた選手たちに助けられています。

 先発で安定した成績を残しているのは右腕の間曽晃平です。ここまで3試合連続完封を含む、6勝1敗。防御率は0.66と抜群です。監督に就任し、最初に見た時の彼は上体に力が入り、前の左肩が上を向いていました。

 ピッチングで重要なのは、リリースの瞬間に力を爆発させること。最初から力が入っていては、せっかくのいいボールが生きてきません。そこで上体の力みを抜き、両肩を並行にして投げるようアドバイスしました。本人も試行錯誤して、うまくリリースポイントで力を込める感覚をつかめてきているようです。

 ストレート、変化球ともキレが上がってきており、コントロールもいい。今後、球速も上がってくるでしょう。平均145キロくらいになってくると、NPBは十分狙えるとみています。

 間曽に次いで5勝をあげている渡邉雄大は左のサイドスロー。変則的なフォームでストレートと変化球のコンビネーションが冴えています。サウスポーの変則派はNPBでも貴重です。間曽同様、もう少し球速が出るよう工夫をして、上のレベルに行かせたいと思っています。

 先発と比較して、課題はリリーフです。本来であれば、セットアッパー、抑えと役割分担したいところですが、まだ、そこまで信頼を置ける存在が出てきていません。現状は、その時の調子を見極めて、起用を判断しています。これまで同様、間曽、渡邉、田村勇磨、新人の中西啓太の先発陣に頑張ってもらうことがポイントになるでしょう。

 僕はピッチャー陣に対して、「勝負しろ」と言い続けています。勝負して打たれるのは仕方ありません。バッターは3割打てば好打者と言われるように、簡単に連打は出ないものです。しかし、四球が絡んでくると大量失点につながってしまいます。これは独立リーグでもNPBでも変わりません。

 上を目指すピッチャーたちにとって、打たれるのも勉強です。勝負して抑えれば自信になりますし、打たれれば反省して次につなげてくれればいいと考えています。これからもピッチャーには逃げることなく、勝負し続けてほしいものです。