「中国」激増、「韓国」を上回る。訪日外国人、主役交代鮮明に
東京・秋葉原で買い物を楽しむ中国人観光客 photo Getty Images

円安によるアジア諸国での空前の日本旅行ブームが続いているが、訪日する外国人の主役交代が鮮明になってきた。

中国からの訪日客数が激増、過去最高を更新し続けている結果、長年、訪日客数でトップを守ってきた韓国が後塵を拝することになっている。日中関係にやや改善の兆しが見える中で、日韓関係が冷え込んだままなことも微妙に影を落としているようだ。

韓国以外、過去最高を更新

日本政府観光局(JNTO)の推計によると、4月の訪日客数は176万4000人と単月としては過去最高を記録した。日本の桜への人気が急速に高まっているうえ、航空便の増発などもあり、昨年4月に比べて43%も増えた。

国別では、中国が前年比2.1倍と「激増」して40万5800人を記録するなど、単月で過去最高を記録する国が相次いだ。台湾、香港、タイ、フィリピン、ベトナムなどアジア諸国に加え、米国やカナダ、英国、フランスも過去最高だった。

そんな中で、4月に単月での過去最高を更新しなかったのが韓国。来日客数が減少しているわけではないのだが、他国の伸びに押されている。4月は30万4600人と2位の台湾(33万5100人)にも抜かれて3位となった。

2012年まで日本を訪れる外国人は、圧倒的に韓国からが多かった。地理的に近く観光客が多いほか、経済関係も緊密でビジネスマンの行き来も多かったからだ。リーマンショック前の2007年には年間260万人を記録。2位の台湾(138万人)を大きく引き離していた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら