雑誌
緊急取材 伊東社長続投の声もあったが…
ホンダ社長交代でなにが変わるのか!?

会見終了後、ガッチリと握手を交わす伊東孝紳現社長(左)と八郷隆弘新社長。八郷新社長は開発畑の出身ではあるが、研究所社長を経験していない、初の本田技研社長となる

2月23日午後5時。東京・港区南青山のホンダ本社では社長交代の緊急記者会見が行われた。伊東孝紳社長が取締役相談役に退き、八郷隆弘常務執行役員が社長に昇格するもので、6月の定時株主総会後に正式決定する。同日午後3時にホンダから発表され、急遽記者会見が開催されたのだ。

最近のトップ交代人事は、次の社長が登板前に時間をかけてウォーミングアップができるように早い段階から内定するケースも多く、2月時点での発表は時期尚早というわけでもない。それでも、会見直後、知り合いのホンダの幹部社員から1通のCメールが送られてきた。ディスプレイにはわずか3文字で「想定外」と記されていただけでその説明はない。"意味深"のメールだが、社長交代の舞台裏を探れば探るほどそのことが浮かび上がってくる。

その謎解きをすると大きく2つに集約される。まず、第一には、なぜ、伊東社長がこのタイミングで退任を決意したのか。もう一つは、ノーマークの八郷氏を後継社長に大抜擢したのか、である。

続投を匂わせていた伊東社長だったが

リーマンショック後の2009年6月に就任した伊東社長はすでに6年目に入り、本来ならば今年6月には後進に道を譲る"任期満了"を迎える。だが、ハイブリッド車やタカタ製エアバッグなどの一連のリコール問題について「対策を終えるまでは責任を果たす」としながら「道半ばでは辞められない」などと自ら"続投"を匂わせていた。

また、当初は「'14年度の国内販売103万台達成」で花道を飾るつもりだったが、新車投入が大幅に遅れて達成のめどがつかず、しかも昨年10月と今年1月には10万台規模で2度も下方修正した。ようやく発売にこぎつけた新型の「グレイス」や「ジェイド」などの受注も期待するほどではなく、修正後の82万5000台の目標も危うい情勢だ。直近の業績も、'15年3月期にトヨタ自動車やマツダ、富士重工業などの各社が円安の追い風を受けながら過去最高の営業利益を見込むなか、ホンダは減益になる見通しだ。営業利益率も軽自動車が主流のスズキやダイハツよりも低く、株価も弱含みの展開が続いている。