雑誌
オイ日本車高くなっていないか? 怒りの川柳32連発

クルマが欲しいな~、といま思っているアナタ。最近の国産車はずいぶん高いと思ったことありませんか?そうです。いま国産車はどんどん高くなっているんです。このままほっておくと、マジやばいことになりそうですね。クルマ好きが新車に乗れなくなってしまう。そこで本誌は川柳で国内メーカーに警告を発する!

過去最高益を更新するニッポンの自動車メーカー。こと自動車メーカーだけは景気がよさそうだが、アベノミクスの矢はいまだ庶民に届かず。クルマの買い換えも少々慎重にならざる得ないのが庶民の実情。

しか~し、事情もあってそろそろクルマを買い換えなくちゃ、と思ったら衝撃の事実がそこで待ち構えていた。そう、新車価格がずいぶん高くなっているのです。

本誌の中心的読者である40、50代の人にとって、おおよそのクルマの値段のイメージってこんな感じじゃないですか。2000年初頭の国産車の価格を調べてみた。

●軽自動車/80万~高くても160万円

●コンパクトカー/100万~高くても180万円

●ミディアムクラスセダン/200万~高くても350万円。

●アッパークラスセダン/330万~高くても550万円

●5ナンバーミニバン/180万~高くても280万円

●アッパークラスミニバン/250万~370万円

*

ザッと挙げてみるとこんな感じ。しか~し、いまや軽自動車さえも、調子に乗ってオプションを付けていくとアッという間に200万円超えだ。

これじゃ、いま乗っているクルマよりもグレードアップしたクルマなんか、なかなか手が出ない。聞くところによると最近の軽自動車の新規ユーザーのなかには、普通車に乗っていた人からの買い換えが多いという(これもひとつのダウンサイジングか)。軽が新車販売の4割を占めるようになったのも、実はこういう理由があるからなのだ。