山本昌邦「FootBallマネジメント」

女子W杯連覇に挑む「なでしこジャパン」。佐々木監督のチームマネジメントにも注目!

2015年06月10日(水) 山本 昌邦
スイス戦に勝利して白星スタートを切った「なでしこジャパン」 〔PHOTO〕gettyimages

サッカー女子日本代表『なでしこジャパン』が、女子W杯に出場しています。

カナダで開催されている今大会に、なでしこジャパンは連覇を賭けて挑みます。戦前の予想ではドイツ、アメリカ、フランスが優勝争いをリードし、佐々木則夫監督率いるチームは厳しい戦いを強いられそうだ、とも言われています。

男子の代表チームでU‐20(20歳以下)W杯、五輪、W杯に参加した私の経験に照らすと、世界大会で大切なのは「力を出せるかどうか」ということです。力のあるチームだから世界大会に出場できるわけですが、自分たちが持っている力を簡単に出せない、出し切れないところに、世界大会の難しさがあるのです。

その意味で、私は佐々木監督のマネジメントに期待しています。

澤穂希を1年間、代表から外した理由

今回のW杯にまつわるトピックに、澤穂希選手の代表復帰があります。前回大会でMVPと得点王を獲得した36歳のベテランは、およそ1年にわたって代表から外れていました。佐々木監督はなぜ澤選手を長く招集せず、W杯直前に復帰させたのでしょう。

男女を問わずすべてのサッカー選手にとって、W杯優勝は究極の目標です。年齢的にもキャリアの終盤を迎えている澤選手が、4年前の優勝によって大きな達成感に包まれてもおかしくない。分かりやすく言えば、「お腹がいっぱい」になってもおかしくなかったのです。

代表に呼ばれなかったおよそ1年の時間で、澤選手は「お腹が空いた」はずです。なでしこジャパンに選ばれることの重み、代表であることの価値といったものを、改めて感じたことでしょう。つまり、新たにモチベーションを充電することができたのです。

1
nextpage


Special Feature

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間