サッカー
女子W杯連覇に挑む「なでしこジャパン」。佐々木監督のチームマネジメントにも注目!
スイス戦に勝利して白星スタートを切った「なでしこジャパン」 〔PHOTO〕gettyimages

サッカー女子日本代表『なでしこジャパン』が、女子W杯に出場しています。

カナダで開催されている今大会に、なでしこジャパンは連覇を賭けて挑みます。戦前の予想ではドイツ、アメリカ、フランスが優勝争いをリードし、佐々木則夫監督率いるチームは厳しい戦いを強いられそうだ、とも言われています。

男子の代表チームでU‐20(20歳以下)W杯、五輪、W杯に参加した私の経験に照らすと、世界大会で大切なのは「力を出せるかどうか」ということです。力のあるチームだから世界大会に出場できるわけですが、自分たちが持っている力を簡単に出せない、出し切れないところに、世界大会の難しさがあるのです。

その意味で、私は佐々木監督のマネジメントに期待しています。

澤穂希を1年間、代表から外した理由

今回のW杯にまつわるトピックに、澤穂希選手の代表復帰があります。前回大会でMVPと得点王を獲得した36歳のベテランは、およそ1年にわたって代表から外れていました。佐々木監督はなぜ澤選手を長く招集せず、W杯直前に復帰させたのでしょう。

男女を問わずすべてのサッカー選手にとって、W杯優勝は究極の目標です。年齢的にもキャリアの終盤を迎えている澤選手が、4年前の優勝によって大きな達成感に包まれてもおかしくない。分かりやすく言えば、「お腹がいっぱい」になってもおかしくなかったのです。

代表に呼ばれなかったおよそ1年の時間で、澤選手は「お腹が空いた」はずです。なでしこジャパンに選ばれることの重み、代表であることの価値といったものを、改めて感じたことでしょう。つまり、新たにモチベーションを充電することができたのです。

〔PHOTO〕gettyimages

澤選手を外していた理由のなかには、新戦力の発掘を含めたチームの底上げを促す意図もありました。

澤選手だけでなく、今回のメンバーの大半は4年前から変わっていません。それだけに、「世代交代が進んでいない」「若手が育っていない」といった批判的な声も上がっていますが、それは佐々木監督の責任ではありません。代表チームは選手を育てる場所ではなく、選手の育成を進めるのは日本サッカー協会だからです。

W杯に出場する強豪が顔を揃えた3月のアルガルベカップで、なでしこジャパンは過去最低の9位に終わりました。しかし、澤選手が復帰したあとのテストマッチでは、ニュージーランドとイタリアから勝利をつかみました。経験豊富な澤選手の復帰が起爆剤となり、自信を取り戻した状態でW杯を迎えることができたのです。

このあたりの佐々木監督のチームマネジメントは、素直に唸らされますね。澤選手も心に闘志という火を灯して、カナダへ向かうことができました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら