[野球]
上田哲之「“彼の不在”について」

~日米球界の超越的才能~

新たな才能、Rソックスの左腕ロドリゲス

 この国には、朝の野球と夜の野球がある。草野球の話じゃありませんよ。テレビ中継の話。朝とは、主として午前中に放映されるメジャーリーグ。夜とはもちろん、日本のプロ野球ナイトゲームである(3~4月と8月には、これに昼の野球、すなわち高校野球が加わって、たいそう忙しくなるのだが……)。

 過日……正確には日本時間5月29日午前中のことだが、朝の野球でレンジャーズ対レッドソックスをやっていた。ご承知のように、レッドソックスには上原浩治と田澤純一がいるので、よく放送される。

 半分は習慣で、要するに、いわば惰性で見るともなく見始めたのだが、自分の視線が、一気に画面に集中していくのがわかった。
 見たことのないレッドソックスの左腕投手が投げている。お、これはいい。長身で手足が長く、スムーズなオーバースロー。メジャーらしく少々、上体が勝ったフォームながら、しなやかで、しかもリズム感がある。ボールに角度があるし、球速もある。

 また一人、すごいのが出現したな。
 彼の名はエデュアルド・ロドリゲス。22歳。188センチ、95キロ。ベネズエラ出身。この日がメジャー初登板初先発だった。

 投げるのはストレート、スライダー、チェンジアップという、まさにオーソドックスな3種類。ストレートは高めに伸びるボールと、打者のインロー、アウトローに決まるボール。だいたい93~95マイルだから、150キロから153キロくらい。左で角度があって、コントロールもあり、変化球もそこそこ鋭く曲がり、沈む。何よりも、投げる姿に、投手としての気品がある。

 こういう新しい才能に出会うのは、実に心地よい(ちなみに、この日は7回3分の2無失点)。プロ野球を見る快楽のひとつは、まちがいなく、出現する才能を目撃することである。