世界経済
FRBは利上げのタイミングを逃したか
 イエレン議長の発言が金利上昇を招いた?

世界的に金利が大きく上昇している。6月5日発表された5月の米非農業部門雇用者数が予想22.6万人に対して28万人となり、米国の長期金利(10年物国債利回り)は一時、2.4%台に上昇した。欧州ではドラギ総裁が、「投資家は金利が大きく動きやすい状況に慣れる順応すべきだ」と述べ、欧州各国の金利が大きく上昇した。

一方、IMFは「米国の利上げは2016年前半まで待つべき」と指摘するなど、金利上昇をけん制する動きもある。ただし、株式などほかの金融市場の動向を見ても、今後、長期金利の変動率=ボラティリティ―が上昇するとみられる。金利は、世界経済にとって大きなリスク要因になる可能性が出てきた。

金利急上昇の背景はなにか

足許の金利上昇について、金融市場では、様々な観測や憶測が出ている。欧州の景気回復期待、米FRBイエレン議長の発言、堅調に推移する米新規失業保険申請者数などはその一例だ。ただ、欧州、米国での景気の弱い面を考えると、これらの指摘は十分な説得力を持っているようには見えない。

おそらく、今回の金利上昇の背景にはECBの政策が影響しているとみるのが適正だろう。有体に言えば、“行き過ぎの反動”だ。ECBのQEを受けて、4月半ばドイツの長期金利は0.1%以下にまで低下した。一方、ドイツの景気自体は相対的には堅調だ。そのため、景気と金利の“体温差”が顕著になった。

3月以降、原油価格は50ドル割れの水準から60ドル台にまで上昇した。それもドイツの金利が低すぎるという見方を強めたはずだ。その結果、イエレン議長の発言なども材料視される形で世界的に金利が上昇した。

一方、ドラギECB総裁はユーロ圏経済が幾分減速したとの認識を示すとともに、ボラティリティの高い市場環境は当分続く可能性があると述べている。つまり、ECBは金利の大幅な変動を人為的に抑えるためにQEを変更することを考えてはいない。そのため、当分欧州の金利は上下に動きやすいだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら