退職防止に効果あり!?
採用時の「性格診断テスト」の人気が復活

2015年06月14日(日)
photo iStock by Getty Images

採用した人材は将来活躍してくれるのだろうか――そんな疑問に企業の管理職や人事担当者はいつも頭を悩ませる。米「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙によると、米国では近年、採用時に性格診断テストを導入する企業が増えている。これは、「なぜ人々が抽象的なアート作品に魅了されるのかわからない」「人前で大声を出すのは嫌いだが、ときには必要だと感じる」といった多くの項目にマルバツ式で答えるものだ。

こうしたテストは、1940年代から利用されてきたが、2000年以降はオンラインでの応募が普及したため下火になった。しかし、入社しても短期間で辞める社員が後を絶たないため、最近、企業側が退職を防ぐ手段として、続々と復活させているのだ。

同紙によると、01年には大企業のうち26%が性格診断テストを利用していたが、13年には57%にまで増加した。そして多くの会社で退職者が激減。性格診断テストを作成するファーストパーソン社は、20社を対象にテストの導入前と導入後の調査を行った。すると、導入前には入社90日間以内の退職率が平均40%だったのに対し、導入3年後には12%にまで減ったという。

日本の中途採用では特に履歴書のスクリーニングや面接が中心となり、性格診断テストを省いてしまうことも少なくない。試験実施のための時間と労力の負担は増えるが、長い目で見れば、双方にとってメリットがあることは間違いないだろう。

 

COURRiER Japon
2015年7月号

(講談社刊、税込み800円)発売中

amazonこちらをご覧ください。
楽天こちらをご覧ください。


  


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium



最新号のご紹介

COURRIER最新記事
Ranking

「クーリエ・ジャポン」 毎月25日発売

More
Close