[格闘技]
近藤隆夫「新生K-1、-70kg級初代王座トーナメントへの期待」

-70kg初代王者を決める闘い

-70㎏初代王座決定トーナメントの公式ポスター。(C)M-1 Sports Media

 新生K-1、4度目の大会が近付いてきた。『K-1 WORLD GP 2015 ~-70㎏初代王座決定トーナメント~』は、7月4日、東京・国立代々木競技場第二体育館で行われる。

 これまでの3大会では-65kg、-60kg、-55kgの初代チャンピオンが決定した。
 -65㎏級=ゲーオ・フェアテックス(タイ)
 -60㎏級=卜部功也(日本/チームドラゴン)
 -55㎏級=武尊(日本/チームドラゴン)

 そして7月の大会では、いよいよ-70㎏級最強を決するトーナメントが繰り広げられる。トーナメントの組み合わせは、既に決定しており、1回戦は次の4カードだ。

▼山崎陽一(日本/シルバーウルフ=31歳、33戦20勝(13KO)10敗3分)vs.マラット・グレゴリアン(アルメニア=24歳、47戦39勝(21KO)6敗1分1無効試合)
▼牧平圭太(日本/HALEO TOP TEAM=26歳、第3代Krush-67kg級王者、25戦15勝(5KO)8敗2分)vs.ディラン・サルバドール(フランス=22歳、WAKO-PRO世界ウェルター級王者、53戦44勝(18KO)8敗1分)
▼中島弘貴(日本/バンゲリングベイ・スピリット=26歳、第3代Krush-70kg級王者、30戦20勝(13KO)10敗)vs.サニー・ダルベック(スウェーデン=24歳、WMC&IFMA北欧ウェルター級王者、42戦34勝(20KO)8敗)
▼渡部太基(日本/Golden Globe=27歳、WPMF日本ウェルター級王者、38戦20勝(13KO)16敗2分)vs. ジョーダン・ピケオー(オランダ領キュラソー島=24歳、WMTAベネルクス70kg級王者、19戦14勝(3KO)4敗1分)

 加えてリザーブファイトも1試合組まれている。
▼秋元和也(日本&台湾/シルバーウルフ=24歳、8戦4勝(3KO)3敗1分)vs. セルゲイ・アダムチャック(ウクライナ=25歳、ISKAヨーロッパ・ウェルター級王者、30戦25勝(11KO)5敗)

 試合形式は1回戦から決勝まで、いずれも3分3ラウンドで行われ、それで決着がつかない場合は延長1ラウンドが設けられている。