「アイデアは路上生活者との会話から生まれた」 社会復帰への「ホームドア」、若手NPOが担う
放置自転車とホームレス問題を同時に解決する

NPO法人Homedoor(ホームドア、大阪府大阪市)は、大阪市内のホームレス問題と放置自転車の両問題を解決する。路上生活者や生活保護受給者をに就労の機会を提供し、自転車対策の一環で、シェアサイクルを運営する。2010年に任意団体を設立し、今年で6年目となるが、行政や企業と連携し、社会復帰へのドアを広げている。

そのシェアサイクル事業とは、「HUBchari(ハブチャリ)」。仕組みとしては、就労困難者に自転車の清掃・修理を依頼し、その自転車を一般利用者に貸し出している。就労困難者へは、自転車を修理してもらうだけでなく、利用者への接客対応も任せる。就労困難者は時給制(838円~)で収入を得て、定期的に就労相談員とも面談をする。働きながら、就労への意欲を高めていくのだ。

現在、月に500~1000人がハブチャリを利用している。利用会員は、3種類。1回利用は100円から、1日利用は700円から、月利用は980円からだ。

自転車の貸出・返却ができる場所を、「ポート」と呼び、大阪市内に18ヵ所ある。「ノキサキ貢献」として、大阪ガス、スカイビルなどが土地の一角を提供している。活動に共感した企業・個人が、自転車を寄付することもある。

同団体が就労困難者に雇用を生み出しているのは、ハブチャリだけではない。同じ仕組みで展開する、「HUBgasa(ハブガサ)」もそうだ。状態が良いまま使用されなくなった傘を寄付してもらい、就労困難者に掃除・ステッカー貼りをしてもらい、ハブガサとして再利用する。リメイクされたハブガサは、同市内の美容院やポートなどで、1本100円で販売している。

行政から委託された事業でも、就労困難者の雇用を生み出している。放置自転車対策として駅前での啓発活動を行うこの仕事も時給制で応募している。これらの仕事で、最大で1日に60~70人まで雇用することができる。現在、同団体に登録している就労困難者は60人弱。

同団体の特徴としては、収入を与えるだけでなく、就労に関するカウンセリングも提供している点だ。路上生活から抜け出すため、ビジネスマナーから、履歴書の書き方、面接トレーニングを行う。これまでに同団体で働いた人は130人おり、そのうちの55%が次の仕事や家を見つけるなど、次のステップに進む。

ホームドア代表の川口さん。14歳からホームレス問題で動いている

孤独も防ぐ交流施設

今後の計画として、ホームレス状態になる前の「予防」に特化した活動を行うという。それが、「&ハウス(アンドハウス)」という施設の運営だ。同団体のオフィスの一角を、改装して、昼間に一休みすることや洗濯、自分で料理ができるキッチンを併設した空間にした。

路上生活者にとって、24時間営業の飲食店などがセーフティネットとして活用されている。しかし、その店舗に泊まるだけでも、その日稼いだ額を使ってしまうため、路上生活から抜け出せない負のスパイラルに陥ってしまう。

そこで、無料で一休みできる施設をと、アンドハウスを立ち上げた。今は、平日10:00~18:30、土曜日12:00~18:30が営業時間だが、いずれは宿泊機能をつけて24時間体制で運営する施設も運用していく考えだ。

アンドハウスでは、休むこともできるし、就労に関する相談も行っているので、日に10~30人が訪れる。路上生活者は、収入もないが、同じくらい「人とのつながり」が希薄だ。そのため、アンドハウスではもちろんのこと、同団体が提供する仕事では、人との交流を意図的に与えている。

同団体は、ホームレス状態生み出さないために、さまざまな事業を行っているが、どれもアイデアは路上生活者との会話から生まれた。同団体の理事長・川口加奈さん(24)は、「おっちゃんたちの、あったらいいなを実現している」と話す。

釜ミーツでの街案内の様子

路上生活者への偏見をなくすための啓発活動「釜Meets(カマミーツ)」もそうだ。当初は、川口さんらが釜ヶ崎でモーニング喫茶を運営しており、同地で暮らす人にヒアリング調査をしていたら、「おれがこの街を案内しているから、同級生を連れてきたら?」と。この一言で、カマミーツは始まった。

川口さんは、「もしかたら自分もホームレスになっていたかもしれない。他人事ではない」と言う。多くの路上生活者と出会ってきて、ホームレスになった経緯を聞くと、「誰にでも起こり得ること」と思うようになった。

川口さんは14歳のとき、炊き出し現場で初めてホームレスの人と話した。それまでは、ホームレスになるのは、自業自得だと思っていた。しかし、派遣切りにあった契約社員や親から虐待を受けて、絶縁された者など、とても「自業自得」という言葉では片付けられない理由ばかりだった。

「誰もが、何度でもやり直せる社会へ」――ホームドアは、おっちゃんたちの活動に合わせて変化する。

(取材・構成/オルタナS副編集長池田真隆)  

若者による社会変革を応援するウェブメディア「オルタナS」の記事より一部編集・掲載)


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら