「アイデアは路上生活者との会話から生まれた」 社会復帰への「ホームドア」、若手NPOが担う
放置自転車とホームレス問題を同時に解決する

NPO法人Homedoor(ホームドア、大阪府大阪市)は、大阪市内のホームレス問題と放置自転車の両問題を解決する。路上生活者や生活保護受給者をに就労の機会を提供し、自転車対策の一環で、シェアサイクルを運営する。2010年に任意団体を設立し、今年で6年目となるが、行政や企業と連携し、社会復帰へのドアを広げている。

そのシェアサイクル事業とは、「HUBchari(ハブチャリ)」。仕組みとしては、就労困難者に自転車の清掃・修理を依頼し、その自転車を一般利用者に貸し出している。就労困難者へは、自転車を修理してもらうだけでなく、利用者への接客対応も任せる。就労困難者は時給制(838円~)で収入を得て、定期的に就労相談員とも面談をする。働きながら、就労への意欲を高めていくのだ。

現在、月に500~1000人がハブチャリを利用している。利用会員は、3種類。1回利用は100円から、1日利用は700円から、月利用は980円からだ。

自転車の貸出・返却ができる場所を、「ポート」と呼び、大阪市内に18ヵ所ある。「ノキサキ貢献」として、大阪ガス、スカイビルなどが土地の一角を提供している。活動に共感した企業・個人が、自転車を寄付することもある。

同団体が就労困難者に雇用を生み出しているのは、ハブチャリだけではない。同じ仕組みで展開する、「HUBgasa(ハブガサ)」もそうだ。状態が良いまま使用されなくなった傘を寄付してもらい、就労困難者に掃除・ステッカー貼りをしてもらい、ハブガサとして再利用する。リメイクされたハブガサは、同市内の美容院やポートなどで、1本100円で販売している。

行政から委託された事業でも、就労困難者の雇用を生み出している。放置自転車対策として駅前での啓発活動を行うこの仕事も時給制で応募している。これらの仕事で、最大で1日に60~70人まで雇用することができる。現在、同団体に登録している就労困難者は60人弱。

同団体の特徴としては、収入を与えるだけでなく、就労に関するカウンセリングも提供している点だ。路上生活から抜け出すため、ビジネスマナーから、履歴書の書き方、面接トレーニングを行う。これまでに同団体で働いた人は130人おり、そのうちの55%が次の仕事や家を見つけるなど、次のステップに進む。