「自分の意見を伝えられる子どもに育てる」
【第11回】情報を鵜呑みにしないトレーニング

作文メソッドで学年代表に!

ぼくが主宰している一般社団法人 教育コミュニケーション協会では、子どもが作文を通じて自分の意見を自分の言葉で伝えられる方法を広めています。子どもに授業をするだけでなく、大人・親に向けて "子どもの感情の引き出し方"を教え、家庭での実践プログラムを提供しています。

すでに数十名の指導者(キッズ作文トレーナー)を育成し、各自が子どもたちに作文を通じて自分の意見を表現する方法を教えています。

そのキッズ作文トレーナーの一人、志田ちほさんのお子さんが書いた作文が、先日、見事学年代表に選ばれました。

テーマは「国際平和に関すること」 だったそうです。こんなに難しく、かつ漠然としたテーマを与えられたら大人でも書くのが難しいでしょう。でも、小学5年生がこの作文を書いてしまう。本当に素晴らしいことです。