[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「前期優勝、成長みせた中日・川崎」

NPB1軍で通用するネイラー

 2年ぶりの前期優勝は21勝9敗4分と貯金を独り占めしての独走でした。ピッチャーが役割を果たし、野手でも赤松幸輔や松澤裕介ら新戦力の頑張りが、予想以上の好成績につながりましたね。ピッチャーではドリュー・ネイラー、川崎貴弘、竹田隼人、ウェスリー・エドワーズと先発4枚を確立できたことが大きかったです。

 その中で軸となったのは4勝1敗2セーブ、防御率1.37の成績を収めたネイラーです。彼の良さは四球で自滅しないところ。速球に加え、右バッターにはチェンジアップやツーシーム、左バッターにはカットボールでうまく懐を突き、内外を広く使えます。かつ、大きなカーブで緩急をつけられる点も強みです。

 連戦が続く中、彼には先発のみならず、大事な場面ではリリーフも任せました。外国人の中にはスクランブル登板を嫌がる選手もいますが、彼は「オレは行ける。大丈夫だ」も文句ひとつ言わず、フル回転してくれました。

 彼はオーストラリアのチームで、香川からオリックス入りしたアレッサンドロ・マエストリと一緒にプレーしています。それだけにNPBに行きたい気持ちが強いです。以前も紹介したように、彼の四国時代と比べてもネイラーの方が上。1軍で十分通用する力はありますから、緊急補強でどこかから声がかかることを祈っています。

 もうひとりの外国人エドワーズは、この2カ月でかなり成長しました。当初はリリーフで起用していたものの、力みすぎて制球を乱し、先発で使ったところから彼は変わり始めました。常にセットポジションで制球を重視し、上体のブレを抑えるようにしたところ、リリースポイントが安定し、ストライクがとれるようになってきたのです。

 コントロールに自信がつくと、より腕が振れ、スライダーやフォークも決まります。好循環が生まれ、成績は4勝負けなし。先発として計算できるピッチャーになりました。