世界経済 金融・投資・マーケット
投機筋が作ったドル上昇トレンドだけに、過度な期待は禁物だ
photo Getty Images

約12年ぶりの水準まで円安が進んでいる。5月28日の海外時間で、ドル円は一時124円40銭台にまで上昇した。中国の株価大幅下落、米国今年1-3月期野GDP成長率がマイナスに落ち込んだにも拘らず、ドルの上昇トレンドが続いた。

なぜ、ドルは急速に上昇したか。市場では、利上げ観測の高まりがドル買いの材料と考えられているようだ。ではFRBの見方が大幅に利上げに傾いたのかといえば、そうとも言い切れない。ドル高の背景には、実体経済の動きとはかい離する、短期的、投機的な投資家の動きが影響している可能性がある。

米国FRBの金融政策

足元の市場では、FRBの高官の発言、特に、イエレン議長とフィッシャー副議長の発言、がドル高の材料になっている。確かに、イエレン議長は景気の回復を前提としつつ、明確に利上げの可能性を示した。それは、FOMC議事録等を通して確認できるFRBの総意より、利上げに強気なタカ派的な印象を残す発言だった。

一方、市場の注目を集めたフィッシャー副議長の発言では、きわめて中立的な考えが示された。講演の中で副議長は、利上げの時期に注目が向かうことは認識を誤らせかねないと述べた。つまり、副議長はFOMCの声明に従い、FRBの意思決定は時期には左右されず、あくまでもデータ次第だということを強調したにすぎない。

加えて、フィッシャー副議長は世界経済の回復が鈍化する場合、米国の金融政策は影響を受けると述べている。2013年のテーパリング危機に端を発する市場の混乱にも言及し、米国金融政策が世界的なボラティリティの急上昇などにつながらないよう細心の注意を払う必要があるという考えも示している。

FRBは利上げの準備を進めてはいるものの、世界経済の動向、新興国を含む世界市場への影響に繊細な神経を使っている。この点を踏まえれば、フィッシャー副議長の発言にある通り、過度に利上げタイミングに執着して米国の金融政策を論じることの意義は冷静に考え直した方がよさそうだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら