アメリカ発、21世紀型の職業訓練プログラムとは? 世界14都市に展開する「ジェネラル・アッセンブリー」受講レポート
ニューヨークにあるジェネラル・アッセンブリーでの授業の様子

プログラミング、デジタル・マーケティング、ウェブデザイン、データ解析、プレゼンテーションに至るまで、21世紀に必要とされる教育プログラムを提供する「ジェネラル・アッセンブリー(General Assembly)」という会社をご存知でしょうか?

2011年初旬にニューヨークで設立され、たった4年で現在ではワシントンDC、サンフランシスコ、シカゴ、ロサンゼルスなどの国内主要都市、そしてロンドン、シドニー、香港、シンガポールなど合計14の拠点を持ち、500人の従業員・インストラクター、5,000万ドルの調達、10万人以上の受講者の輩出など、その成長ぶりはあちこちで話題になっている学校のひとつです。

2015年3月には米国ビジネス雑誌ファーストカンパニー誌が選ぶ「もっとも創造的な企業」の28位(教育分野では1位)にランクされ、ニューヨーク現地の人と話をしているとよく話題になることもあり、とても気になっている存在でした。 

ジェネラル・アッセンブリーのホームページ

先日ニューヨークの教室で開催されていた「非プログラマー向けプログラミング~基礎編」という平日夜4時間(18~22時)の講座を受講してみました。受講料は175ドルと決して安くはないものの、今日あらゆるビジネスがプログラミング、ソフトウェア、モバイルウェブにより塗り替えられその重要性が認識されつつあるなかで、どのようなプログラムが提供されているのか、どんな人が受講しているのかとても興味があったからです。