雑誌
わずか就任2年でポイ 激震フジ(メディア・ホールディングス)かくて社長のクビが飛ばされた
「天皇」日枝久会長を直撃!
〔PHOTO〕gettyimages

社長になる前も、就任した後も、会社のために尽くしてきた。しかし突きつけられたのは、「関連会社行き」という厳しい現実だった。低迷するフジの社長人事には、様々な思惑が隠されている。

忠誠を誓っていたのに

社長の太田英昭氏(68歳)が退任。産経新聞社会長へ—。

6月の人事異動が発表され、フジ・メディア・ホールディングス(以下フジHD)に激震が走っている。

北海道出身の太田氏は、中央大学法学部を卒業後、'69年にフジテレビに入社。'80年代には情報番組『おはよう!ナイスデイ』に立ち上げから携わり、ロス疑惑やグリコ・森永事件などでスクープを飛ばした。フジテレビは、同番組がスタートした'82年から12年連続で視聴率3冠を達成しただけに、まさにフジの歴史をつくったテレビマンの一人と言える。

手腕を高く評価された太田氏は、その後も局長、執行役員と順調に出世街道を歩み、'08年にフジHDの専務に、'12年には副社長に就任。そして'13年6月、ついに社長にまで登りつめた。

あるフジテレビ幹部社員が語る。

「太田さんはフジHD会長の日枝久さん(77歳)の右腕・懐刀と言われてきた人です。部下を怒鳴りつけながらもきちんと面倒を見てあげる性格で、『闘将』とも呼ばれている。

長く報道・情報畑で荒っぽい現場も経験してきただけに、修羅場に強い。危機管理能力や情報収集能力は、各局を見渡しても随一とされています」