【憲法 その1】 日本史上初となる憲法改正プロセスに多くの国民が参加しよう! 

「日本国憲法は世界最古の憲法である」

こう書くと、普通の人は「いや、そんなわけはない」「間違いだ」とお答えになるだろう。正確に言えば、日本国憲法は、近代憲法の中で、古い方から14番目となる。しかし、日本国憲法よりも古くに制定された欧米各国の憲法は全て、かなり頻繁に改正されているため、日本国憲法を「世界最古の憲法」だといっても間違いではないのだ。

日本国憲法は1947年5月3日に施行されてから一度も改正されないどころか、憲法改正の「発議」すら一度もなされなかった。なぜか。憲法学者もマスコミも「護憲=良いこと」「改憲=タブー」という情緒的な単純方程式の考え方で、「憲法を変えたら戦争国家に逆戻り、徴兵制も可能になる」「先進的で民主的な日本国憲法を変えることは民主主義に逆行する」という誤った「護憲」意識が社会に定着してしまったためではないか。

しかし、我々国民は、主権者として、国民の権利と国の基本構造を規定する憲法について真摯に向き合わなければならない。つい最近(2015年3月)の読売新聞の世論調査では、憲法を「改正する方がよい」と思う人は51%で、「改正しない方がよい」の46%を上回った。いよいよ私たち日本人は、これまで約70年間の「思考停止」から脱し、時代にあった憲法を創る時を迎えているのだ。

100の行動もいよいよ憲法編に入る。93~98まで6回を使い、「93: 憲法改正の必要性(総論)」「94: 憲法の基本思想(前文、天皇)」「95: 安全保障政策(平和憲法)」「96: 新しい時代の人権(基本的人権)」「97: 統治機構(国会、内閣)」「98: 財政と道州制(財政、地方自治)」と論じ、日本再建の土台となる憲法改正の姿を提言する。