[BCリーグ]
福島・岩村明憲兼任監督「恩師・上甲監督の遺言を胸に」

1番・ショートで売り込みたい岡下

 ここまでは7勝15杯2分と地区最下位。新規参入で当初は練習場所の確保も難しかったことを考えれば、苦戦は想定の範囲内でした。ただ、試合を重ねるにつれ、打線は活発になっています。

 シーズンを迎えるにあたり、僕は野手に「打順は固定しない」と言ってきました。このリーグではDH制が採用されていますから、たとえば1番と3番、2番と9番に求められる役割は似ていると考えています。1番と3番は出塁率が高く、パンチ力があるタイプ。2番と9番は小技ができ、野球をよく知っているタイプ。このタイプに選手たちを当てはめ、いろんな打順を経験させたいと思いました。

 若い選手たちはNPB入りを目指しています。監督としての役割は勝ち星を重ねながら、選手たちの可能性を少しでも広げること。打順はもちろん、守備でも複数ポジションに就いてもらっています。何といってもユーティリティプレーヤーであることは大きなアピールとなることは間違いありません。

 その点では4番の生島大輔はバッテリー以外はどこでもでき、ベンチとしては非常に助かる選手です。バッティング自体は4番タイプではありませんが、打率が3割を超え、勝負強い点を買って中軸に据えました。一時期、ロッテの4番を務めていたサブローさんと同じ位置づけと言えるでしょう。

 4番はここまで、23歳のショート岡下大将にも打ってもらいました。ただ、彼がNPBを狙うなら、トップバッターとして売り込んだ方がいいと判断し、今は1番にしています。このように選手たちの特徴や将来性を踏まえながら、いろいろと起用法を試行錯誤しているところです。

 野手が徐々にバットが振れてきているだけに、課題は投手陣です。現状、故障者もいて、頭数が不足しています。それ以上に悩ましいのはバッターよりも自分と勝負している選手が多いこと。コントロールを乱して四球を出し、ストライクを取りに行ったところを打たれる悪循環に陥るケースが目立っています。

 こういう選手はプロとして、いずれ使う側が決断をしなくてはなりません。独立リーグは上へのステップアップの場であると同時に、野球の道を諦める場でもあります。選手たちには自分の実力を認識し、納得して次の進路に進めるようにすることも監督の役割ととらえています。