地域トラブルの報道が抜群に巧いTBS『噂の! 東京マガジン』のフェアな態度
Photo by Thinkstock

人権を守るために必要な規制

自戒を込めて書くと、21世紀の報道には人権意識が求められている。これは国際的に見ても同じだ。

人権を守るため、マスコミには目に見えない規制が加わり続けている。テレビの場合、規制が緩かった昭和期のほうが面白かったという意見をよく聞くが、筆者はそう思わない。規制があろうが、面白い番組は作れるはず。なにより、大勢の人が喜べば少数派を傷つけても良いなどという発想は身勝手で古すぎる。

規制されたことが正しいと言えるのはニュースやワイドショーも同じだろう。たとえば、マスコミがすべてそうだったのだが、昭和期は警察が逮捕しただけで、その人物を呼び捨てで報じていた。これが間違っていたのは言うまでもないことだろうNHKは昭和59年だった84年から容疑者を付けるように。民放が追従したのは平成に入った89年から。新聞・雑誌も同時期に容疑者と付けるようになった)

昭和期には、起訴も身柄送検もされていない段階で、逮捕された人物を悪党扱いしていたのである。誤認逮捕の疑いが強かろうが、お構いなし。当然、裁判での有罪も確定していない。その人物が無罪になろうが、呼び捨て報道について後から謝罪をすることもなかった。ネット世代の若年層が当時の実情に触れたら、仰天するに違いない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら