[トライアスロン]
白戸太朗「競技ではなく、生涯スポーツとして」

今年も老若男女、幅広い層が参加した

 スタートの号砲一番、海に飛び込んでいく選手たち。水しぶきを上げ、泳ぎ出す姿こそ、トライアスロンのスタートという印象だ。でも、この大会ではそんな光景だけではなく、勢い良く飛び出して行った選手たちの後、ゆったりと海に入り、平泳ぎで泳ぎだす姿も多くみられる。体型もアスリートというより、普通のおじさんやおばさんという感じ。そんな人たちが青い海で漂う姿は、一般的に知られる「トライアスロン=鉄人」というイメージとは程遠い。だが、これもトライアスロン大会における1シーンであることに違いない。

 ホノルルトライアスロン、人気の秘訣

 ハワイ州ホノルル、アラモアナビーチで行われている「ホノルルトライアスロン」のスタートシーン。今年で11年目を迎えるホノルルトライアスロンは、世界屈指の初心者おすすめ大会として知られている。トライアスロンのルーツと言ってもいいハワイでのトライアスロン大会開催は年間20回を下らないが、ホノルルという大都市ではこの1回だけ。意外に貴重な大会ということになる。そんな理由もあってか、参加者は1700人とオアフ島では最大規模の人気を誇る。さらに、その中の600名以上が日本人というのも驚きだ。現在、海外のトライアスロンにおいて、200名を超える日本人が参加しているケースは、ホノルルトライアスロン以外にはなく、いかにこの大会に人が集まっているのかがわかる。

ハワイの絶景を眺めながら、走れるのが魅力

 なぜこの大会に人が集まるのか。最大の理由は先述した「初心者おすすめ大会」であることだろう。スイムはリーフ内で波や流れがほとんどない。自転車のコースはほぼフラット。ランニングも公園内の平坦な道と走りやすいコース。そして何といっても「制限時間がない」という世界にも稀にみるホスピタリティである。これがあるだけで、初心者にとってハードルはグッと下がる。さらにはハワイのロケーションが素晴らしい。素敵な海、美しい光、明るい人々。これらが大会を快適なものへと引き立ててくれている。この点は、すべての参加者にも魅力となることは言うまでもない。それに日本人が大好きなハワイに行く理由を、このレースで作ることができるというのも大きいらしい。帯同者も「ハワイなら」と快諾してくれるケースが多く、家人を説得しやすいそうだ。

 でも、最大の理由は、この大会の持つ雰囲気だと思われる。「競技」であることより、「スポーツイベント」としての楽しさを重視する運営。ルールが無いわけではないが、そこにあまりこだわらない。トライアスロンを楽しむことに重きが置かれている。本気モードの愛好家には物足りないのかもしれないが、通常にない穏やかな雰囲気が人気の秘密のようだ。