二宮清純レポート「監督の甥っ子」から「真のエース」へ 菅野智之 25歳巨人投手 遠回りしたから、今がある(上)

週刊現代 プロフィール

「祖父はシンプルなことしか言わなかった。ヒジを上げろとか、しっかり上から投げろとか……。難しいことは、ほとんど教わっていません」

高校は、かつて貢が監督を務め、辰徳が1年時から活躍した東海大相模へ。監督は貢の教え子・門馬敬治。菅野のことは中学時代から知っていた。

門馬は語る。

「そりゃ、オヤジ(貢)さんのお孫さんですから。ただ、1年の冬は投げさせなかった。まだ体の成長に筋肉が追いついていないような状態だったんです。それで外野のフェンス沿いをタイヤを押して走らせるなど徹底的に体を鍛えさせました。

智之が2年の春、ウチはセンバツに出場したのですが、そのメンバーに彼は入っていませんでした。きっと悔しい思いをしたでしょうね」

大学日本代表で覚醒

甲子園で優勝、準優勝3度ずつを誇る東海大相模には、入学当初からプロ入りを志望する選手が少なくない。もちろん菅野も、そのひとりだった。

門馬が続ける。

「高い目標を持っている子には、それなりの刺激を与えなくてはならない。だから、智之や田中広輔(現広島)たちには社会人の都市対抗の予選を見に連れて行ったこともあります。

智之の場合、身近に辰徳さんという大きな存在があった。プロへの道筋を描くには、最高の環境だったと思います」

神奈川は全国有数の高校野球激戦区である。甲子園出場をかけて横浜、桐蔭学園、桐光学園などがしのぎを削る。

2年秋からエースになった菅野だが、結局、甲子園には1度も出られなかった。東海大相模時代のチームメイトには、先に紹介した広島の田中や巨人の大田泰示(1学年下)らがいる。

東海大に進んでからも、菅野の体は、まだ華奢だった。監督の横井人輝はピッチングよりも体づくりに重点を置く指導をした。

横井の回想。

「とにかく食事やトレーニング方法も含めて、体力アップに取り組ませました。その結果、最終的には15kgも体重が増えた。おもしろいことに球速も15km増した。体重1kgにつき、スピードも1km速くなっていたというわけです」

2年時には大学日本代表に選ばれ、日米大学野球選手権に出場した。

「これが、彼にとって大きく飛躍するきっかけになりました」

新メディア「現代新書」OPEN!