[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「江夏並み!? 正田の投球術」

経験したことない貧打

 8勝4敗1分と開幕ダッシュに成功した4月から一転、5月は6連敗もあり、首位から陥落してしまいました。失速の原因は貧打。高田泰輔、ザック・コルビー、櫟浦大亮ら主力が軒並み不調でチーム打率.212はリーグ最下位です。

 選手、指導者として長く野球に携わってきましたが、こんなに打線がつながらないのは僕も初めて。打順を組み替えたり、いろいろ手を打ってみたものの、なかなか打開策が見つかりません。結果が出ないことで、どうしても全員が消極的になっているように映ります。どうすれば本来の状態に戻せるのか、指導力不足を痛感しています。

 唯一、バットが振れていた新人の高井悠生も長いシーズンを戦うのは初めての経験です。最初は怖いもの知らずでも、相手から研究されると余計なことを考え始め、壁に当たりかけています。これは誰もが乗り越えなくてはいけない試練です。練習は頑張るタイプですから、その中で突破する方法を見つけてほしいと願っています。

 打線のテコ入れに補強したドミニカ共和国出身のファン・ヘイドーンは、195センチ、109キロと体格は長距離砲そのもの。来日から約1カ月が経ち、日本のストライクゾーンや配球にも慣れてきています。1試合に1本はコンスタントにヒットを打ってくれますから、彼の前にランナーを溜める展開に持ち込みたいところです。

 ここにきて、3番から1番に配置転換した高田が復調の兆しをみせています。正直、彼が1番だと、クリーンアップが手薄になるのですが、高田自身はリードオフマンの方が合っているのかもしれません。開幕から結果を出せなかった分、打って打って打線を牽引してほしいですね。