民放も時代劇を復活させる日が来る!? 内藤愼介プロデューサーが語る、時代劇作りの面白さ
NHK『かぶき者 慶次』HPより

民放からは時代劇のレギュラー放送枠が消えたが、NHKは「木曜時代劇」(午後8時)で侍たちのドラマを流し続けている。万一、NHKまで時代劇の制作をやめてしまったら、時代劇は永遠に作れなくなってしまうだろう。

それは殺陣師など時代劇に欠かせないスタッフがいなくなってしまうからだ。時代劇が消え、仕事がなくなってしまったら、後を継ごうとする者もいなくなり、技術の伝承が途絶えてしまう。そうなると、10年後に「時代劇が作りたい」と思う制作者が現れようが、スタッフは集まらない。だからこそ時代劇の灯を守り続けている「木曜時代劇」の存在は貴重だ。

慶次に扮する藤竜也も"かぶき者"

その作品群は粒ぞろい。現在放送中の『かぶき者 慶次』も面白い。戦国きってのかぶき者だった前田慶次の晩年を描く物語だ。かぶき者とは、戦国時代から江戸時代、常識を逸脱した行動を取る者のことを指したが、己を裏切らず、正しいと思ったことをやる者も同じと考えられていた。ぶれない物差しを持っていた慶次は、戦国時代随一のかぶき者とされた。

その慶次に扮しているのは藤竜也(73)。1962年の日活映画『望郷の海』でデビューした大ベテランだが、意外や時代劇へのレギュラー出演は初めて。制作統括の内藤愼介氏は起用の理由をこう語る。

「存在感のある役者さんですし、藤さん自身もかぶいている感じがしますから」

確かにそうだ。藤は当世の流れに逆らうかのようにバラエティー番組等へは一切出演せず、空いた時間はスポーツジムなどで肉体作りに励んでいることで知られる。76年には物議を醸すことが分かっていながら、故・大島渚監督によるハードコアポルノ映画『愛のコリーダ』に出演した。周囲に流されず、役者として正しいと思ったことだけをやっているのだろうから、かぶき者と呼べる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら