魚住りえ 第3回
「6回のレッスンでデリバリーを底上げしてあげるだけで、みなさん別人のように話せるようになります」

2015年05月20日(水) 島地 勝彦

撮影:立木義浩

第2回はこちらをご覧ください。

シマジ 魚住さんがいま日本人でスピーチが上手いなと感じる人は誰ですか?

魚住 小泉進次郎さんですね。是非じかにお話を伺ってみたいと思っているんですが、なかなか簡単にお会いできる方ではないようです。

シマジ あなたの魅力をもって"じかあたり"すればへっちゃらじゃないですか。

魚住 いやいや、さすがに個人的にお会いするのは難しいでしょうね。ただ、進次郎さんがどうしてあんなにスピーチがお上手なのか、その秘密をお聞きしたい。彼はもの凄く言葉のデリバリーが上手なんですよ。

シマジ それなら「小泉進次郎のスピーチ力」という番組を企画して取材を申し込めばいいんじゃないですか。テレビの取材なら会ってくれるでしょう。

魚住 なるほど。でもその企画をどこに持ち込めばいいんでしょう。

シマジ それもそうだね。しかし小泉ジュニアの演説はちらっとニュース番組で聞いたことがあるけど、内容が軽いよね。

魚住 内容はひとによって感じ方が違うと思いますが、わたしが感心したのは、話し方ひとつで聴衆のこころをがっちり掴むところです。その点にかけては、もう、天才的だと思います。

シマジ それは生まれつき歌が上手いのと同じような天賦の才なんでしょうか?

5月28日(木)19:00~
「現代ビジネス×ネスプレッソ」スペシャル
魚住りえ「ビジネスパーソンのための話し方講座」開催! お申込み方法、詳細はこちらから

魚住 たぶんそうだと思います。とはいえ、普通の人でも訓練次第で上達します。もちろん最終的にはコンテンツが伴わないといけませんが、まずはデリバリーの技術が重要なんです。

以前に一度だけ、進次郎さんのお父さま、小泉純一郎さんの講演会で司会をさせていただいたことがあるんですね。そのときに感じたのもデリバリーの上手さでした。

小泉さんは「えー」や「あのー」など普通は何気なく発しがちな語句を、60分の講演のなかでほとんど使いませんでした。始めに「えっ、小泉です」と言ったときの小さな「えっ」が60分で3回くらいあったでしょうか。あとはよどみなくお話ししていらっしゃいました。あの精神力というか集中力は素晴らしいと思います。

1
nextpage



昨日のランキング
直近1時間のランキング