G2レポート 55歳女子の婚活 Vol.02~「女」としての市場価値がリーマンショック並みに大暴落していたことに気づき落ち込む
本記事は5月22日発売の『G2(ジーツー)Vol.19』に収録しています。その一部を数回に分けて現代ビジネスでも掲載します。

目指したのはアメリカの雑誌界の最高峰――
「ザ・ニューヨーカー」
『G2(ジーツー) Vol.19』
(講談社MOOK/税別価格:900円)

▼Amazonはこちら
 =>http://www.amazon.co.jp/dp/4062843692
▼楽天ブックスはこちら
 =>http://books.rakuten.co.jp/rb/13224712/

* * *

「恋よふたたび」(その1)はこちらからお読みください
=> http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43356

「恋よふたたび」
55歳・バツ2オンナのガチンコ婚活記(その2)

 

あしたのために 2―漁場を間違えるな

「うわお! 面白い、絶対、面白いよ、これ! アドバイザーとして適任かどうかはわかりませんが、ひと肌もふた肌も脱ぎますってば」

快く、私の婚活アドバイザーになってくださった、新潮社の中瀬ゆかりさんは(講談社の企画であるにもかかわらず)寛大にもこう言った。

「モテないって嘆いているのって、要するに“漁場”を間違えているんだよね。それって、自分がエサにならないところを泳いでるんだよ。自分のことを、好物だという魚がいるところを泳がないと・・・・・・。間違っても、30代女子のところに並んじゃダメなの」

髪をサイドでお団子にまとめ、イヤリングにマニキュアと中瀬さんの女子力はかなり高い。かつて相当にモテたと噂で聞いた。さすがだなーと見ほれてしまう。
中瀬さんは〈50代女・婚活の鉄則〉を、ずばりと射抜いた。

「とにかく、漁場を間違えてはいけないってこと。自分たちの漁場で、正しく活動する。漁場がなければ、作ればいい。エサを撒いておびき寄せればいい」

さすがだ。うなってしまう。
中瀬さんはさらに、こうも言った。

「モテる、モテないって多数決の問題じゃなく、最終的には、たった1人からディープにモテるかなんだから、共産党みたいな女子を目指せばいいんだよ。大多数の男から引かれても、コアに常に支持されているという」

共産党女子、思いもしなかった!

「だから逆に、大票田で勝負する自民党女子になっちゃダメってことだよね。与党になる必要はないけど、手堅く議席を守るという・・・・・・。若い時なら自民党女子でイケイケだったけど、50女に大票田は、残酷だけど、もう、そんなの無理なんだから」

まさに! 私は既に、漁場を間違え、手ひどい目に遭っていた。

初冬の青空が輝いていた。日曜の昼下がりに私が六本木にいること自体、普段の生活からかけ離れ、どうにも現実味がなかった。

かつて書籍の企画で「熟年婚」の取材を始めた時はまだ余裕のアラフォーだったのに、今はとっくに該当年齢。これまで「取材者」という立場で、「お見合いパーティー」を高みの見物していたが、ついに一参加者という「当事者」に、自分がなるのだ。

再婚活パーティーへの参加自体、自ら積極的に打って出たわけではない。取材で知り合った離婚カウンセラーに「婚活を始めた」と伝えたところ、自身が主催する「バツイチ再婚活パーティー」を勧められたわけで、つまり、背中を押されての行動だった。