[MLB]
杉浦大介「A・ロッドはなぜ拍手を浴び始めたのか」

ブランク感じさせない打棒

今季ここまでのA・ロッドは以前よりも自然な姿でスタジアムでの時間を過ごしているように見える。Photo By Gemini Keez

「カーテンコールで迎えてもらえる日々なんて、もうとっくの昔に終わったと思っていた。素晴らしかったよ。僕にとってのエネルギーになる」
 5月7日のオリオールズ戦で今季7号本塁打を打った試合後、ヤンキースのアレックス・ロドリゲスは晴れやかな表情でそう語った。

 この一発で通算661号となり、ウィリー・メイズを抜きMLB史上で単独4位に浮上した。上にいるのはバリー・ボンズ、ハンク・アーロン、ベーブ・ルースという蒼々たるメンバーのみ。ただ、そんな数字にたどり着いたことと同等か、あるいはそれ以上に、ニューヨークのファンから大歓声を浴びたことがロドリゲスは嬉しかったのではないか。

「1年前の今頃には、再びラインナップに名を連ねて勝利に貢献できるなんて夢にも思わなかったからね」
 普段のA・ロッドのコメントは、シナリオを読んでいるようで白々しさを感じさせることも多い。しかし、この日の会見での言葉は真実味があるように感じたのは筆者だけではなかっただろう。

 禁止薬物使用で昨季は1年間の出場停止処分を受けたロドリゲスが、今季から復帰した。7月で40歳と年齢を重ねていることもあり、“もうプレーできる状態ではないのでは”と疑う声も開幕前は多かった。

 しかし、ここまで打率こそ.250以下ながら、すでに9本塁打を放ち、出塁率.355、OPSも.907と上質だ。衰えの目立った2~3年前と比べてスイングスピードが蘇り、打線の中で警戒を促す危険な打者に戻った感がある。

熱心なファンは少なくない。

 何よりも驚くべきことは、ヤンキースタジアムのファンから徐々に温かい拍手を浴び始めていることだ。上記通り、661号の際はスタンディングオベーションが沸き起こり、カーテンコールの歓待を受けた。その日に限らず、普段のホームゲーム時にも当初予想されたようなブーイングはほとんど受けていない。

 度重なる薬物使用で1シーズンの出場停止処分を受けた選手が春先から歓声を浴びることなど、日本のファンには理解し難いかもしれない。“セカンドチャンスの街”と呼ばれるニューヨークでも、A・ロッドに関しては人々の心を掴むのはもう難しいと思われていた。