雑誌
「目」「肩」「腰」「ひざ」「頭痛」の名医100人徹底調査! 長年の悩みを解消してくれるのは、この医者だ 完全保存版

不調を感じていても「命にかかわるものではないから」と放っておく。医者にかかっても、原因がわからず病院を渡り歩く。じつは「名医」を探すのが難しい身近な病気。この医者にかかれば安心です。

ウソのように痛みが消えた

都内に住む元会社員の男性(62歳)は、50歳のときに視野に異変を感じて、白土城照医師(四谷しらと眼科)のもとを訪れた。

「ものが少し見えづらいと病院に来られましたが、視神経に異常が出始めている緑内障の中期でした。放置すると、70歳くらいで失明する可能性もありました」(白土医師)

だが、白土医師の正確な診断がこの患者を救った。薬を処方して経過観察したのちに手術を行った結果、12年経つ現在も進行は抑えられている。

緑内障や白内障、網膜剥離など目の手術には、緻密さが必要とされ、医者の腕が重視される。だが、それだけでは名医とは言えない。早期に正確な診断ができること、そして治療のタイミングを間違わないことも重要だ。

「手術は必ずリスクを伴いますし、手術によって見えなくなる方も中にはいる。ですから、患者さんの進行状況や余命を見極めて、いま手術をすることが本当に正しいのかをジャッジしなければいけません」(白土医師)

緑内障を得意とする眼科の名医、東中野とみどころ眼科院長の富所敦男医師も、眼科診療の難しさをこう語る。

「診断技術が進歩したことで早期に発見できるようになりましたが、緑内障の場合は、早期に治療を開始すればよいというものでもありません。神経が薄くなった状態でも、治療をせずにいて、視野に異常が出ずに人生をまっとうされる方も数多くいる。患者さんの進行状況に応じて適切な治療をすべきです」

正確な診療と患者への丁寧な説明が評判をよび、富所医師のクリニックには、週に350人もの患者が訪れているという。

目の病気をはじめ、肩、腰、ひざの痛みや頭痛といった症状を抱える日本人は非常に多い。すぐに命にかかわる症状ではないために、「医者にかかるまでもないか」と、放っておいている人が大半だろう。だが、痛みを我慢し続けても、症状は悪化する一方だ。

じつは、こうした身近な体の不調ほど「名医」を探すのは難しい。さまざまな要因が絡み合って症状が出ていることも多く、原因を見極める診断力が必要となるからだ。的外れな治療を受けると、治らないばかりか、逆に悪化してしまうことだってある。

そこで今回、本誌では目、肩、腰、ひざ、頭痛の名医を徹底調査した。診断力だけでなく、患者に合った治療を施す腕も一流。医者からの評価も高い専門医たちを、次ページからの一覧表と共に紹介しよう。