現代新書
あの「車椅子社長」を支えた女性はこんな人だった。体が強いほうではなかったのに、結婚してからは風邪ひとつ引かなくなった理由。

20代で進行性筋ジストロフィーを発症し、30代後半で首から下の機能を全廃しながらも、介護・医療業界において、オリジナル商品の開発、医療法人、自治体のコンサルティングなど、業界の風雲児として大活躍し、「大阪の車椅子社長」として知られた春山満さん。
彼が病のため2014年2月、60歳で亡くなってから1年が経った。
このたび、公私ともに満さんをサポートし続けてきた妻・由子さんが、満さんの出会いから亡くなるまでの四十数年間を初めて綴った本『仲が良かったのは、難病のおかげ』。
書籍刊行後、改めて満氏との日々を振り返って感じた人間の強さ、仲が良かった秘訣とは?

人間ってすごいと自分の体験で実感

── 本を書かれたきっかけはなんでしょうか?

春山 じつは、主人の生前も何度かお話はいただいていたんですが、そのときは「俺が死んでから書け」と言われていました。本人が恥ずかしかったのもあるし、存分に書けばいいという配慮もあったんじゃないでしょうか(笑)。
それで昨年2月に主人が亡くなって、しばらくしてから長男に「同じように苦労をしている人が世の中には大勢いる。そうした人に向けて是非書いたほうがいい」と強く勧められたんです。

── この本を読むと、「由子さん、強い人だなあ」と思う人も多いと思いますが、自分ではどうお感じになりますか?

春山 小さい頃から大人に「しっかりしているねえ」と言われることは多かったですね。でも私がとくに強いかと言われると、けっしてそんなことはないと思います。人間誰しもそうした強さは持っているじゃないですか。むしろ状況が人間を変えていくものだと思います。

── 本の中に、もともとは体が強いほうではなかったのが、結婚して子どもができてからはまったく風邪をひかなくなったという記述が出てきますが、これは本当にすごいですね。

春山 やはり「母は強し」だと思います。まあうちに限らずお母さんてみんなそうだと思いますけど。とくに次男が生まれてからは、主人と3歳児と赤ん坊、3人の世話をしていたら寝込む暇なんてないですから。私が寝込んだら我が家はまったく回らない。

── 熱が出るということもなかったんですか?

春山 本にも書きましたが、結婚後は子どもが生まれる前に、知り合いに借金の保証人を頼みに行ったときと長男の出産直後だけですね。子どもが生まれてからは一度もない。もしかすると微熱くらいは出たこともあったかもしれませんが、あっても気にせずに動いていたら、気がつくと下がっていたというかんじです。本当に若いときの自分からすると想像もできないですよね。

── やはりお子さんが小さいときがいちばんたいへんでしたか?

春山 ええ、次男が生まれた頃がいちばんたいへんでした。毎晩3人を風呂に入れるので2時間。自分より重い人を車椅子から担いで浴槽に入れるのってたいへんなんですよ。その後主人がスライドイン・バスという、湯船の上まで椅子がスライドする入浴装置を開発したおかげでだいぶ楽になりましたが。それからみんなを寝かせてから家事ですからね。

── その頃から由子さんは会社も手伝うようになったんですね。

春山 ええ、会社で使途不明金が見つかったので、私が経理を担当することになったんです。そのうえ主人はその頃から自分で寝返りが打てない状態になりましたから、夜は夜で数時間おきの寝返りのたびに起こされる。その意味でその後10年くらいしてから主人が寝返りベッドの開発に成功したときはうれしかった。あれで寝返りの手伝いから解放されましたから。あれは主人の執念でしたね。
 とにかく毎朝寝不足のまま、クルマを運転して子どもを保育所に預けてから出勤という日々でした。当時会社は大阪ミナミにあって、箕面の自宅からは渋滞の阪神高速を使って1時間半くらいかかったんです。何度渋滞の中、居眠りしかけてうしろのクルマからクラクションを鳴らされたことか。いま考えてもよく事故に遭わなかったと思います。

── しかもそれがずっと続く。

春山 でも不思議なのは、人間ってそんな状況にも慣れるんですね。それを身をもって体験しました。自分で言うのもなんですが人間ってすごい(笑)。
 あと、人間というのは危機感によって眠っていた能力がONになるんじゃないかというのは主人が言っていましたね。たとえば病気になったあとの主人の記憶力というのもたいしたものでした。メモが取れない分、頭の中に引き出しをつくって、そこに情報を関連づけてインプットしていたみたいです。これも眠っていた能力が危機感でONになったんだと思います。

── そういう意味では満さんも病気になって、ある能力がOFFからONになったように、由子さんが風邪をひかなくなったということも危機感でOFFからONになったということかもしれないですね。

春山 そうかもしれません。本当に人間っていくらでも変われるんだと思います。

春山由子 『仲が良かったのは、難病のおかげ』

四六判ソフトカバー 定価1300円(税別)

春山満氏と公私ともに彼をサポートし続けてきた妻・由子氏の出会いから亡くなるまでの四十数年間を綴った。日常、懸命にがんばっているすべての人に贈る、生きる喜びと愛に満ちた感動の記録。櫻井よしこさん 推薦「春山満さんはあらゆる意味で非凡な人生を駆け抜けた。本書はお二人のその疾走が大変でありながら、どれ程面白く、楽しく、そして輝きに満ちていたかを教えてくれる。『楽しかったなあ、由子』という春山さんの声も天上からきこえてくるような気がする」

⇒本書のご購入は
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら