「バズフィードは第2の波の勝者」 ソフトバンク・キャピタルVPが語る「Webメディア第3の波とその勝者」

バズフィードやハフィントン・ポストなど日本でも有名なメディアベンチャーに、ソフトバンク・キャピタルが初期から投資していることはご存知だろうか。

ニューヨークに拠点を置くこのベンチャーキャピタルは、前回取り上げたNowThisや、動物愛護系のバイラルメディア「The Dodo」など数多くの新興メディアにも投資している。そんな彼らは、メディア・コンテンツ業界について優れた仮説を有しているはずだ。

そう考えた筆者は、ソフトバンク・キャピタルでヴァイス・プレジデントを務めるフィル・シェブリン氏を取材した。

広告側から見れば、ウェブメディアが稼げない理由は明白

「いま我々は、『モバイル革命』と呼ばれる大変化の最中にある。問題はWebサイトで起きている。バズフィードやハフィントンポストはもともと、他のところからコンテンツを集めてまとめ記事を生成していた。それがなぜユーザーの支持を得たか? ユーザーはたった数秒で記事を読み終えたいからだ。

バズフィードは、広告モデルで数百万ドルぐらいは利益を出している。ただ、それでも全然少ない。ユーザーはNYタイムズより多いのに、収入はずっと少ない。広告モデルをとっているYouTubeを見てみなさい。あれですら儲かってないよ。ネット上のアグリゲーターに対して、企業は広告費をテレビや雑誌ほどに払ってくれないんだ。これでは、Webメディアの単価は、紙の100分の1になってしまう。

なぜか? 広告の観点から見てみよう。今は媒体の数がすごく多いし、毎月増える一方だ。これらがみんな頑張って広告主を探している」