中国
突貫工事のAIIB---「ガバナンスと透明性が確保されていない」からこそ、日本が参加すべきでは?
北京市西城区に広がる金融街 〔PHOTO〕gettyimages

北京の金融街には閑古鳥が鳴いていた

GWに北京を訪問した。年末までに中国が中心となって設立されるAIIB(アジアインフラ投資銀行)の取材のためである。

まるで冬と夏しかないような北京の大陸型気候にあって、いまの時節はもう、真夏の気候である。日中の気温はすでに31度。それに、北京っ子たちが皮肉を込めて「沙絮霾定食」と呼ぶ、霧霾(PM2.5)、沙尘暴(黄砂)、柳絮(柳の綿ボコリ)にまみれた空気でゲホゲホだ。

というわけで、あまり愉快な気分になれないまま、北京市西城区に広がる金融街(北京のウォール街)を歩いた。

私は2012年まで北京に暮らしていたが、当時の北京では、市内でここでしか見られないような「白領族」(ネクタイを締めたエリートサラリーマン)たちが、金融街の摩天楼を闊歩していたものだ。

ところがいまや、街が閑散としている。3年前までは常に待たされたウェスティンホテルの喫茶店も、金融街広場に面したスタバも、閑古鳥が鳴いていた。こうした風景を目にするだけで、中国経済の悪化を感じ取れる。例外は株式市場で、2007年以来、8年ぶりの好況に沸いていた。

金融街の南の端が、中国人民銀行(中国の中央銀行)なら、北の端は、太平橋大街の西側に位置する全国政協礼堂である。貨幣の形を模した半弧形の中国人民銀行ビルから、金融大街の目抜き通りを北上すること1時間近く、ようやく全国政協礼堂の威容が目に入ってきた。