[ボクシング]
近藤隆夫「ともにピークを迎えた内山と三浦の再戦が観たい!」

巧さ光ったメイウェザー

 今年のゴールデンウィークは、イコール、ボクシングウィークだった。5月に入ってからの6日間で日本人が絡んだプロボクシングの世界戦(男子に限る)が4試合も行われた。

▼5月1日、東京・大田区総合体育館
★WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
○三浦隆司(帝拳)<TKO、3R1分29秒>●ビリー・ディブ(オーストラリア)
※三浦が4度目の王座防衛に成功。

▼5月1日(現地時間)、米国ラスベガス
★WBO世界ライト級王座決定戦
○レイムンド・ベルトラン(メキシコ)<TKO、2R1分29秒>●粟生隆寛
※ベルトランのウェイトオーバーにより、王座は空位に。

▼5月6日、東京・大田区総合体育館
★WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
○田口良一(ワタナベ)<TKO、8R36秒>●クワンタイ・シスモーゼン(タイ)
※田口が王座初防衛に成功。

★WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
○内山高志(ワタナベ)<TKO、2R1分15秒>●ジョムトーン・チューワタナ(タイ)
※内山が10度目の王座防衛に成功。

 これに加えてロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太のプロ7戦目、元WBA世界ミニマム級&WBC世界フライ級王者・八重樫東のカムバック戦(いずれも5月1日、大田区総合体育館)、そして世界が注目したフロイド・メイウェザー(米国)vs.マニー・パッキャオ(フィリピン)の王座統一戦(現地時間5月2日、米国ラスベガス)も華々しく行われた。私も連日、会場で、テレビの前で拳を熱く握り締めることができた。

 最も観る者を熱くさせたのは、やはりメイウェザーvs.パッキャオか。いずれもが100億円以上を手にするという世紀のスーパーファイト。あまりにも予想通りの決着に拍子抜けの感は否めないが、メイウェザーの巧さが光った一戦だった。ディフェンシブなメイウェザーに対して批判の声も大きかったようだが、それは的外れだ。

 ディフェンスに徹しながら、スピード感あふれるジャブでポイントを稼いで勝つ。それが、ここまで無敗で5階級を制してきたメイウェザーの戦法。そこを、いかにパッキャオが打ち破るかが、この一戦のテーマだったのだから、パッキャオの完敗と見るしかないだろう。メイウェザーが強かったというよりも、ボクシング競技という枠の中で彼はとても巧かったのだ。