雑誌
クルマのメカニズムはどこまで進化する?△○×の限界(下)

EVの走行距離はどこまで伸びる?
答えた人/国沢光宏

現在の電力インフラを使っている限り、妥当な頒価&常識的なクルマ作りだとリーフの実用航続距離150km+50kmが限界だと思う。こう 書くと「テスラの如く電池容量を猛烈に増やせば航続距離を伸ばせるでしょ」と思うだろう。今度は充電に時間がかかってしまう。お腹ペコペコのテスラを 200Vで充電したら、27時間くらい必要。急速充電だって2時間半かかる。

リーフの電池容量なら家庭用200Vで7時間あればフル充電になります。ところが、でございます。リーフtoホームのような装置を使うことにより、 一般家庭でも2倍の速さで充電可能。つまり7時間あればリーフの約2倍の42kWhまで電池を搭載できる。そして電池は直近の数年で2倍くらいの性能にな るといわれているのだった。つまり、リーフと同じ重さで42kWhになるということ。

同時に回生ブレーキの効率だって上がる。リーフ級のボディで10km/kWhくらい走れるようになるハズ。そろそろ結論を出そう。数年後の電気自動 車は、夢や誇張なく400km程度の実用的な航続距離を実現できていると思う。充電は一般家庭の200Vで7時間。急速充電なら10分ぶんで100km走 れるというイメージ。燃料電池車より実用化は早いか?

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら