雑誌
クルマのメカニズムはどこまで進化する?△○×の限界(上)

いまや、EVは当たり前と日々進化する自動車テクノロジー。では、この先どこまでテクノロジーは進化するか。いまの時点で予測されるそれぞれの限界点を探ってみた。

ダウンサイジングターボはどこまで小さくなる?
答えた人/国沢光宏

現在最も1シリンダーあたりの排気量の少ないダウンサイジングターボは、ルノーの『ZEN』に搭載されている900ccの3気筒である。いや、厳密にいえば、このエンジンって新世代の直噴じゃない。となればフォードの1ℓ3気筒だ。このエンジン、1・8ℓNA並のトルクを出すため、大きなボディを持つモンデオにまで搭載されてます。このエンジンを2気筒にして使うと660cc。軽自動車と同じ排気量の2気筒ということになる。1・3ℓ級NAエンジンの代替として使えるだろうから、フィットに660ccエンジンを搭載していると思えば間違いない。ここまで読んで「だったらすでに車重1トンのウェイクに660ccターボを搭載しているじゃないか」と突っ込まれるかもしれません。

そう考えてみたら、日本の軽自動車ってダウンサイジングターボの先端にいる?大雑把な目安を書いておくと、車重1トンで660cc。同1・2トンなら900cc。同1・4トンで1200cc。同1・6トンだと1400cc。同1・8トンは1800cc程度までのダウンサイジングが限界じゃなかろうか。

ちなみにこれ以上排気量を小さくすると、猛烈にレスポンスが悪くなる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら