『目の見えない人は世界をどう見ているのか』見えないことから見えるもの

レビュアー:峰尾 健一

ずばりタイトルの通り、本書は視覚障害者が世界をどのように認識しているのかについて迫っていく本だ。目が見えない人とその関係者数名に対して行ったインタビュー、ともに行ったワークショップ、日々の何気ないおしゃべりなどを通して、晴眼者である著者が彼らをとりまく「見えない世界」について考えていく。

盲人の生活について書かれた本はこれまでにも色々出ている。パッと見それほど珍しいテーマには思えない。しかしまえがきを読むと、本書が一風変わった切り口から書かれていることがわかる。

本書は、広い意味での身体論を構想しています。ただし、これはあまり前例のない身体論かもしれません。一般に身体論では健常者の標準的な体を扱います。ところが本書では、「見えない」という特殊な体について考えようとしているわけですから。

本書はいわゆる福祉関係の問題ではなく、あくまで身体論を扱った本であるということだ。「障害者とは、健常者が使っているものを使わず、健常者が使っていないものを使っている人」だと著者は言う。「見える」からこそできることもあれば、できないこともある。同様に、「見えない」からこそできることもあれば、できないこともある。「見えない」ことを欠落としてとらえるのではなく「差異」としてとらえ、「差異を面白がる」のが本書の基本的なスタンスだ。

「見える」と「見えない」の違いについて、著者は「空間」「感覚」「運動」「言葉」「ユーモア」の5つの観点から論じていく。

例えば「空間」について。突然だが、ここで読者の方々に1つ質問をしてみたい。

「富士山」

という単語を聞いたら、あなたの頭の中にはどんなイメージが浮かび上がるだろうか?

パッと浮かんだものは、下の2つの図のどちらに近かっただろうか?

   

(Wikipediaより転載)