次の世界を知るために『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』

レビュアー:冬木 糸一

ディープラーニング、機械学習、人工知能……正確な未来予測は無理でも、だいたいの方向性において人類は「技術的な進歩」を重ねてきたし、これからも重ねていくだろうということは予測できる。そしてその技術的な進歩が今後必ず起こるのがAI分野だ。本書はそのAI分野の「過去」から「現在」そして「未来」までを見通してみせるきっちりとした仕上がりの良書だ。

特に昨今ではディープラーニングが話題になることも多く、この単語を耳や目にしたことがある人も多いのではないか。ディープラーニングについて、「人間の頭脳における神経回路網を再現したニューラルネットの一種で~」といくらでも正しい説明はできるが、まあその辺の事は込み入って長くなってくるので詳しい説明は本書に譲ろう。ごくごく簡単に、その最大の長所を抜き出してしまえば「情報の中から特徴を自ら発見できること」にある。以下、具体的にどのような事が出来るのかを紹介したい。

具体的に何ができるのか

たとえばGoogleは2012年にディープラーニング技術を使ったシステムにYouTube上の大量の動画を投入することによって猫や人の顔の視覚的な概念を学習するに至ることができた。ほら、これが猫の動画だぞ、特徴を抽出してみろ、と人間が猫動画を選別して渡したわけでも特徴をあらかじめインプットしたわけでもなく、自力で頻出する特徴量を検出して、概念を取得できたというのが衝撃的な部分だ。

これは2012年のことだから、3年経った現在では様々な分野に広がっている。たとえばFacebookであれば、日々投稿される数億枚の写真を分析し、今では撮影された人達が何をやっているのかを理解できるまでに至っているという。この技術もきちんと精度があがっていけば、一時の気の迷いで投稿されたような写真に対して「本当に大丈夫ですか」と警告を入れることができるようになるだろう。

次に何ができるのか

わくわくさせてくれるのが、専門家の間で「次の数年間でディープラーニングによって大きく進化する分野はどこか」という話題で、それが「自然言語処理」なのだという。我々が使うような言葉をシステムが理解するための技術が「自然言語処理」だ。収益源である広告の精度に関わってくるのでGoogleやFacebookはこちらに注力しているのだろうが個人的に期待しているのは「機械翻訳」の分野。

Kindleには元々、辞書をあらかじめダウンロードしておくことで単語をタップするだけで瞬時に辞書情報が表示される便利機能がついていた。洋書が読みやすくて重宝していたのだが、最近アップデートがかかって「範囲翻訳」ができるようになったのだ。英語⇒日本語の精度はまだかなり悪いが、ディープラーニングの応用研究がすすめば、人間が言語運用を行っている上で当たり前に行っている「文脈」などの把握を自力で特徴抽出して学習し続けるようになり、牛歩のような歩みを見せていた機械翻訳が一足飛びに進化する可能性もある。