[野球]
上田哲之「打撃する欲望――中村剛也から福田永将へ」

中村にみるスラッガーとしての矜持

「ていうかテラスだと恥ずかしいじゃないですか」
 と埼玉西武の中村剛也は言ったそうだ(「日刊スポーツ」4月26日付)。4月25日、福岡ソフトバンク-西武戦の試合後のことである。
 6回表、ソフトバンクの攝津正のカーブをとらえた打球は、ヤフオクドームの左中間スタンドに飛び込む6号ホームランとなった。

 ヤフオクドームは今季から、右中間、左中間が最大5メートル狭くなる「ホームランテラス席」なるものを設けた。そりゃ、いつの時代でもホームランは野球の華だろうけど、そのために客席をわざわざ5メートルも前進させるというのは、個人的には好きではない。

 むしろ、打者に対して、広い球場でもスタンドまで飛ばすことのできる技量を求めるべきである。われわれ野球を見る側も、明確にそういう発想を持たねばならない。

 中村といえば、思い出すコメントがある。2011年に導入された統一球があまりに飛ばないので、2013年のシーズン、日本野球機構(NPB)は開幕にあたり、前年までよりは飛ぶように、統一球の反発係数を変更していた。6月、公式にそれを認めざるをえない騒ぎになったときのことだ。中村は「何で変えたんやろ。個人的には残念です。芯に当たれば、ボールは飛んでいたんやから」(「日刊スポーツ」2013年6月19日付)とコメントしている。

 このとき、ほとんどの強打者は新しい飛ぶボールを歓迎しながら、変更が事前に選手側に知らされることなく行われたことを批判した。おそらく中村ひとりだけだったのではあるまいか。これまでの“飛ばない統一球”が好きだったと言って、はばからなかった打者は。

 5メートルおまけしてもらったホームランテラス席へのホームランじゃ「恥ずかしい」という今回のコメントも、あのときと同様、真のホームラン打者のプライドがにじみ出ていて実に気持ちいい。なにしろ“飛ばない統一球”でも48本打ってホームラン王を獲った打者ですからね(2011年)。中村のような本物のスラッガーの打球を見ていると、つくづく野球とは打撃するスポーツなのだ、という思いを新たにする。

 たとえば、北海道日本ハムでは“平成のON砲”大谷翔平と中田翔の連続ホームランというのがあった。
 4月22日の西武戦である。まず3番・大谷。左腕ウェイド・ルブランが投じた外角低めへの沈むボールだったと思う。ちょうど大谷の両腕がしっかりと伸びて、真芯でとらえると、打球は大きく高い孤を描いて右中間へ。大谷のスイングが、なぜかスローモーションのように見えた。

 たしかに甘いボールではあっただろう。しかし、バッティングのイデア(=理想形)が宿っているような美しいスイングだった。かつて川上哲治さんが「ボールが止まって見えた」ともらしたという有名な伝説があるが、スポーツのプレーには稀に特別な至高の瞬間が訪れることがある。この大谷のホームランもそのくらい美しいスイングだったから、スローモーションに見えたのではあるまいか。

 続く中田は、その真逆である。インハイのチェンジアップを思いきりぶっ叩いた。しばきあげた、というんですかね。力でねじ伏せた打球は、まさに豪快にスタンドまで飛んでいった。これだけのものをみれば満足、と誰もが思うのではあるまいか。やっぱり、野球とは、打って点を取るゲームだな、と。