[ボクシング]
杉浦大介「メイウェザーか、パッキャオか、“世紀の一戦”直前予想」

全世界が震える一戦のゴングは間もなく。

 いよいよ世紀の一戦は目前――。全世界待望のフロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオ戦が5月2日に迫り、ラスベガスは未曾有の熱気に包まれている。両者のファイトマネーにして100億円以上が確実な空前絶後の一戦は、どんな展開になり、どちらが勝ち残るのか。筆者が独自の予想を展開した先月のコラムに続き、今回は現地の声を集めてみた。

デラホーヤはパッキャオ有利予想

バーナード・ホプキンス(49歳の史上最年長世界王座奪取記録保持者)
「パッキャオのスタイルはメイウェザーが対戦した過去のどの相手とも違うだけに、さまざまな流れが考えられる。しかし、現時点での両選手には、どちらも年齢を重ねたがゆえのポジティブとネガティブがあって、相手のネガティブな部分をうまくついた方が有利になる。1〜6ラウンドくらいまでの主導権の握り合いが勝負。前半戦が終わるころには、どちらが勝つかはっきりと見えてくるファイトになるだろう。KOのチャンスがあるとすればパッキャオ。いずれにしても、これだけのビッグイベントになったのだから、リマッチの声が出るくらいに良い試合になってほしい」

両者のサイズの違いも重要な要素になるか。Photo By Stephanie Trapp/Mayweather Prom

ウラディミール・クリチコ(WBA、IBF、WBO世界ヘビー級王者)
 メイウェザー有利
「メイウェザーの試合はパッキャオのファイトほどに印象的ではないかもしれないが、それでもメイウェザーのボクシングは効果的ではある。サイズとテクニックの面で、メイウェザーにややアドバンテージがあると考えている。50-50が互角とすれば、51-49のわずかな差でメイウェザーだ。あくまでボクシングの予想であり、個人的な好き嫌いは別の話ではあるけれど」

オスカー・デラホーヤ(元6階級制覇王者/メイウェザー(1-2の判定負け)、パッキャオ(8Rストップ負け)の両方と対戦経験あり) 
 パッキャオ有利
「最初に試合が決まったときはメイウェザー有利と思ったが、練習のフィルムを見て、パッキャオの目に以前の炎が戻っているのが見えた。あのパッキャオがリングに立てば、メイウェザーはトラブルに陥るだろう。理論的にはメイウェザーだが、心情的にはパッキャオを推したい。
 パッキャオは打ち合いを好むが、メイウェザーは快適に感じられる距離に止まり、不必要なエネルギーを消費しようとはしない。メイウェザーが何をしようとするかは予想がつき、彼はゲームプランを変えようとはしない。パッキャオには不確定要素がまだあり、私たちを驚かせてくれるかもしれない。もっとも、メイウェザーは素晴らしいアスリートだから、別次元にまで到達できる。彼が今回のチャレンジにモチベーションをかきたてられているのも事実だろう」
※コメントはESPN.comより引用