雑誌
クルマ界歴史の証人 トヨタの新車開発秘話 初代ソアラの開発主査 PART3-1

徳大寺さんには初代モデルから随分と貴重な意見を頂いたと岡田氏。2代目の開発時、ベスト

日本の自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を 収めた先輩方に語っていただく本企画。開発主査として初代ソアラをこの世に送り出した岡田稔弘氏の最終回は、初代ソアラのデビュー後に寄せられた意見、そ して2代目、3代目の開発秘話を語って頂いた。

今回の証人岡田稔弘とは?

興味深くトヨタのFCV、MIRAI をチェックする岡田氏

1935年、群馬県桐生市生まれ。名門、桐生高校から京都工芸繊維大学へと進み、卒業後、1959年にトヨタ自動車工業入社。カローラ、コロナ、クラウンなど、まさに日本のモータリゼーション興隆期の真っ只中で多くのヒット作のデザインに携わる。1964年にはアメリカのアートセンターカレッジに1年ほど社員として留学経験を積み、帰国。

トヨタ2000GTの「ボンドカー誕生」に寄与したほか、国内での乗用車開発でデザインを担当。そして主査として初めて担当した「ソアラ」を1981年に世に送り出す。当時としては革新的なカーエレクトロニクスと高性能なエンジンやサスペンションなどをソアラ専用で開発するという、まさに贅を尽くしたスペシャルティカーは、それまで欧州車が独占していた超高性能GTというカテゴリーに大きな一歩を記した名車としていまだに語り継がれることになる。現在は槌屋顧問。革新的なソアラに対する声は白洲次郎氏からだけにとどまらず、各方面から数々のアドバイスが寄せられた。そうした声とともに岡田氏は2世代目、3世代目のソアラを育て上げていくことになる。

初代ソアラ発売後、多くの方から意見が寄せられた

さて、初代ソアラは大きな話題となったこともあり、第2回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、予想外の成功を収めることになった。だが、これほど話題となったクルマだけに白洲さん以外にもいくつもの声や指摘が寄せられた。

確かソアラが発売されて3カ月ほど過ぎた頃だった。私のデスクに直接電話がかかってきた。「ソアラを買って、日常使用しているのだが、どうしても腑に落ちないおかしなところがある。ディーラーに聞いてもわからないので、開発責任者の貴方に直に電話をした」というのである。よく話を聞いてみると電話の主は当時のセイコーエプソン社長、中村恒也(なかむらつねや)さんからだった。中村さんは1964年の東京五輪のいろいろな競技で使用された正式計時の開発リーダーであり、後に世界最初のクォーツ腕時計の商品化に成功し、その精度の高さで、初めて「オメガ」を凌駕した人である。もちろん面識はなかったが話を聞くと、計器盤にグラフィカルに表示される燃費計の精度がおかしいという。

中村さんのご自宅は諏訪湖畔にあり、週末ごとに蓼科の別荘にクルマで行く。その時にソアラを使うのだが、行きの上り坂での平均燃費表示は合っているが帰りのダラダラと下ってくる時の燃費表示が感覚と違い、おかしいという指摘だった。詳しい運転状況の話を聞くと、どうやら下りではミッションをニュートラルにして走行するような場合、燃費表示が自分の感覚とは違っているというわけだ。

私はすぐに再現走行テストを行ってみた。すると、燃費表示のソフトに問題点が見つかり、中村さんの指摘どおりの結果になった。私はすぐに改良したソフトの試作品を作り、中村さんのソアラに組み付けてもらうと同時に、設計変更を実施した。

以来、中村さんとは現在にいたるまで、30年以上の長いお付き合いを頂いている。そして中村さんは2代目も3代目もソアラを買って頂いた。そしてある時「中村さんばかりに3台も高いクルマを買って頂いて申し訳ない。私も何かセイコーの時計を買ってお返ししますよ」とお話した。中村さんの長い腕時計の開発人生のなかで、最も想い出に残る製品を購入したい、と思った。

すると「思い出の時計はグランドセイコー」だった。もちろん購入した。社員割引扱いにして頂いたのだが、50万円ほどの高級時計であるが、よく考えてみれば、中村さんが3世代にわたってソアラを購入した総額は1000万円をはるかに超えている。だが私の出費は50万円ほど。このインバランスについては未だに申し訳ないと思っているが、この日本を代表する時計はやはり凄い完成度であり、今でも愛用している。

このすばらしい時計のように、私はソアラも世界を舞台に評価してほしかったが、結果的に2代目まで国内専用モデルとなった。しかし、私は初代モデル開発時から、アメリカの安全基準、FMVSS(米国連邦自動車安全基準)やヨーロッパのEC基準には、すべてミートするように設計し、輸出モデルとしてハンドルを左にするだけで充分に通用する内容、条件を整え、スタンバイしていたのである。ところが当時、海外の販売店はすべて「トヨタディーラー」であり、日本のようにトヨタ店とかカローラ店とかの違いはなかった。

そうした海外ディーラーでは、すでにスープラ、日本国内ではセリカXXを販売していたため、2ドアクーペという同じカテゴリーのスポーツ車は売り分けられない、と言われた。ソアラの海外輸出はトヨタ店のほかにレクサス店と言う新ブランドができ、トヨタブランドとの棲み分けができるようになった3代目まで適わなかったのはやはり悔しかった。そのいっぽう、国内では大変よく売れていた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら