雑誌
タイムマシンで近未来へのタイムトリップ 1年後('16年)3年後('18年)5年後('20年)クルマ界はこうなる!!(上)

このワイド特集ではもう次の1年後の'16年、3年後の'18年、そして東京五輪が開催される5年後の'20年までのクルマ界を予測してみた。「来年のことを言えば鬼が笑う」というが、さてどんなものか!?

EV、PHV、ディーゼル…… 次世代カーの動向を占う

ハイブリッド車

国内新車市場での現在のハイブリッド比率は約18%と、先進国のなかではかなり高いのが日本。そのシェアはトヨタが約70%、ホンダが約15%とこの2社で8割以上を占めているが、経済産業省は'20年の新車販売台数比率をハイブリッド車は20~30%と、政府目標を定めている(※)。

プラグインハイブリッド車

現状ではプリウス、アコード、アウトランダーの3車種のみだが、ほかに量販車種でPHVを採用するモデルが続いてこない。コストパフォーマンス面で通常のハイブリッド車に比べて不利なため、まずはハイブリッド車の改良を進めた後、電池価格が低下してコストが抑えられるようになった段階でプラグイン化が進むことになるだろう。

EV

i-MiEVとミニキャブMiEV、リーフとe-NV200と出ているものの、肝心の航続可能距離はまだまだガソリン車に及ばず、近距離コミューターとしての役割というのが現状。経済産業省では、'20年までにEVとPHVとを合わせて新車販売比率を15~20%としているが、これはちょっと厳しそう。

クリーンディーゼル車

マツダが孤軍奮闘しているクリーンディーゼルだが、経済産業省では'20年までに5%の新車販売比率を見込んでいる。他社の動向次第で変わる可能性あり。

FCV

トヨタのMIRAI、そしてホンダのFCVコンセプトが発表され、さらに水素の価格も1kg1000~1100円と民間ではすでに発表ずみ。国のロードマップでは'25年までに200万台、'30年以降は700万台と目標を掲げているが、さすがにこれはかなり厳しい情勢。

※※※

さて、ここまでいわゆる噦次世代カー器の動向を占ってきたが、自動運転も一部で実用化されている'20年、そのいっぽうでレシプロエンジンはその時にどのように進化しているのだろうか?鈴木直也氏に技術面からみた予測を立ててもらった。